吉井和哉/VOLT

Volt
アーティスト名 吉井和哉
アルバムタイトル名 VOLT
勝手な評価(最高 100) 83
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★☆☆
発売日 2009/03/18
短評 復調気配
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①ビルマニア】 8.5
【②フロリダ】 8.0
【③ウォーキングマン】 8.0
【④ノーパン】 8.1
【⑤ヘヴンリー】 7.9
【⑥魔法使いジェニー】 8.4
【⑦SNOW】 8.2
【⑧ONE DAY】 8.2
【⑨ルビー】 8.4
【⑩またチャンダラ】 8.5

ヘヴイ度    ♪♪
スピード度   ♪♪
ドラマチック度 ♪
メロディアス度 ♪♪
ポップ度    ♪♪♪


いい加減なコメント

内向的なものから外向的なものへ。
新作『VOLT』の雰囲気は「陰と陽」を型に当てはめてみると明らかに「陽」であろう。当然今までの吉井のソロキャリアの作品は「陰」となるわけだ。
それぐらい今回の作品はエネルギッシュに満ちあふれている。
そしてソロ作品ながらもバンドの音として確立されているところも注目すべき点である。

さて、肝心のアルバムの内容だがバリエーションが豊富で、この一枚で様々なジャンルの音楽が楽しめる面白い作品に仕上がっている。ジューダスプリーストを最近良く聴いているみたいだが、残念ながらHM/HRの影響はたいしてここでは伺えない。
それでもここまで多くのジャンルを吉井のロックとして昇華させているところは見事と言うしかないだろう。
ミドルテンポなブルースを基調とした③。
ピンクフロイドを連想したプログレロック的な④。
イエローモンキー時代を彷彿とさせる、いわゆる日本の歌謡ロック的な⑥⑧⑨。
そして最後を締めるのがビートルズっぽい⑩。
まさにこのアルバムはびっくり玉手箱な存在である。

新たな次のステージへ。
『VOLT』は彼独特の音楽の世界観を、今後も可能性を広げて行くことが確信できる、そんな一枚になるだろう。

-29/Mar/2009-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YUI/I LOVED YESTERDAY

Ily
アーティスト名 YUI
アルバムタイトル名 I LOVED YESTERDAY
勝手な評価(最高 100) 85
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★☆☆
発売日 2008/04/09
短評 身が入った
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①Laugh away】 8.3
【②My Generation】 8.3
【③Find Me】 7.9
【④No way】 8.0
【⑤Namidairo】 8.0
【⑥Daydreamer】 8.2
【⑦Love is all】 8.4
【⑧I will love you】 8.0
【⑨We will go】 7.8
【⑩OH YEAH】 8.0
【⑪My friend】 8.0
【⑫LOVE & TRUTH】 8.2
【⑬Am I wrong?】 8.1

ヘヴイ度    ♪
スピード度   ♪♪
ドラマチック度 ♪♪
メロディアス度 ♪♪
ポップ度    ♪♪♪


いい加減なコメント

通算三枚目となるアルバム。
過去二作品と比べると聴きやすくなっているのが大きな特徴。
ファーストアルバムほどの新鮮さは薄くなり、セカンドアルバムのポップ感とロック感との落差も少なくなったが、今回の作品では耳に馴染みやすいメロディーラインで、いわゆる歌ものに重点を置かれていると感じさせられた。
歌手としては致命的なヴォーカル能力の欠落のせいで、どうしても楽曲のレベルに歌唱力が追いつかない曲が過去のアルバムでは多数収録されているが、『I LOVED YESTERDAY』では問題が解消されているように思える。
とにかくYUIの歌い方が鼻について、あまり好きになれないリスナーでもこのアルバムはそこそこ受け入れられるのではないだろうか。

①は春の息吹を感じさせる爽やかな楽曲でヒットしたシングル曲の『CHE.R.RY』と肩を並べるポップソング。オープニングを飾るに相応しい楽曲だ。
軽快なロックソングの②や今までの彼女らしい楽曲の⑤を散りばめずつ、アルバムも流れの中でストリングを多用したドラマチックな構成のシングル曲⑫だけは浮いているが、その他は流れの中で違和感無しに収まっていると思われる。
逆にその流れの中で良い曲もさらりと評価を受け流されて埋没しがちになる危険もある中、⑦はシングル曲に負けず劣らず個性を放っている佳曲。

YUIといえばアコースティックギターで弾き語りする曲が定番とされている。
そんな定番の曲がアルバムを出すたびに少なくなっていき、不満を持つファンもいるのが現実。
しかし、いつまでも同じようなことを続けても仕方がない。不変なベーシックな部分はそのままであっても、アーティストとしての変化は必要だと思う。

『過去があるから今の自分がいる。今を後悔しないように生きていきたい』
アルバムタイトルから伺えるとおり前向きな姿勢をこれからも彼女に期待したい。

-20/Apr/2008-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YUI/Can't Buy My Love

Cantbuymylove
アーティスト名 YUI
アルバムタイトル名 Can't Buy My Love
勝手な評価(最高 100) 86
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★★☆
発売日 2007/04/04
短評 これなら
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①How crazy】 8.8
【②Rolling star】 8.4
【③It's all right】 8.4
【④I remember you】 8.4
【⑤RUIDO】 7.0
【⑥CHE.R.RY】 9.2
【⑦Thank you My teens】 7.9
【⑧Umbrella】 7.9
【⑨Highway chance】 7.5
【⑩Happy Birthday to you you】 8.3
【⑪Winding road】 6.9
【⑫Good-bye days】 8.4
【⑬Why?】 8.5

ヘヴイ度    ♪♪
スピード度   ♪♪
ドラマチック度 ♪♪
メロディアス度 ♪♪♪
ポップ度    ♪♪♪


いい加減なコメント

良い意味での心の余裕が感じられるアルバムである。

①②と疾走するナンバーで畳み掛けて③④と聴かせる楽曲を並べ、中盤にドカンとインパクトのある良質な楽曲を置いておく手法は、アルバム全体を通して一つの作品らしく、非常にメリハリのある構成になっている。
とくに飛び抜けて異色の輝きを放っているのが携帯会社のタイアップ曲となっている⑥。
正直言って驚いた。
まさか、こんな良質で明るいポップな楽曲まで作れるなんて。


①は歌詞、楽曲とも非常に挑発的なものに仕上がっているが、全体の色としては前作が『陰』だとしたら今作は『陽』の感じを受ける。しかし彼女の特徴的な繊細な部分はきちんと今作にも反映されているし、若さゆえの突っ走り感も健在だ。

そして、明らかに前作と違う点がある。
それは自分相応の歌い方に合った楽曲が多数用意されていることだろう。
デビューアルバムでは楽曲自体のクオリティは高いが、ヘタクソな歌い方によって曲の雰囲気が壊れてしまうものがいくつかあったが、今作ではそれがほとんどない。
歌唱力に若干の広がりが出てきた。

それにしても特徴的な楽曲が目白押して本当に面白い。
歌詞が幼すぎて稚拙だったり、⑤⑦⑨⑪といったつまらない曲が後半に集まりすぎてしまったのが個人的にはちょっともったいない気がしたが、それでも聴きごたえは十分すぎるほどのクオリティはあるはずだ。

とうとう一つの殻を破った。
果たしてYUIの快進撃はどこまで続くのか。

-22/Apr/2007-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EUROPE/Secret Society

Secret_society
アーティスト名 Europe
アルバムタイトル名 Secret Society
勝手な評価(最高 100) 84
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★★☆
発売日 2006/11/18
短評 気配上昇
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①Secret Society】 8.0
【②Always The Pretenders】 8.3
【③The Getaway Plan】 8.4
【④Wish I Could Believe】 8.1
【⑤Let The Children Play】 8.3
【⑥Human After All】 8.0
【⑦Love Is Not The Enemy】 8.3
【⑧A Mother's Son】 8.2
【⑨Forever Travelling】 8.3
【⑩Brave And Beautiful Soul】 8.3
【⑪Devil Sings The Blues】 8.4
【⑫Start From The Dark】 (ボーナストラック)

ヘヴイ度    ♪♪♪
スピード度   ♪♪♪
ドラマチック度 ♪♪♪
メロディアス度 ♪♪♪
ポップ度    ♪♪


いい加減なコメント

解散前のヨーロッパを期待して、もしも今回の新譜を聴こうとするのならば、強烈なしっぺ返しにあうこと間違いない。
ひと昔のヨーロッパとは、もはや完全に別のバンドと考えてよさそうだ。

それも当たり前で、ポップ路線をひたすら突き進んで行ったヨーロッパにはキー・マルセロが在籍していたが、今のヨーロッパにはオリジナルメンバーのジョン・ノーラムが復帰して、キー・マルセロの姿はどこにもない。
必然的に音楽性も当時のままになるわけもない。

別の捉え方をしてみると、ジョンがいた初期の音楽性になると予測もできるのだが、今更ながら昔の焼き直しなんてするわけもなく、新生ヨーロッパとして復帰第一弾を発表したわけだが、これが見事周囲の期待を裏切ったのは言うまでもない。

しかし今作は復活第一作の前作の路線を踏襲しつつも、確実にパワーアップしている。
同じ系統のバンドで言えば、ウインガーの最新作『IV』に通じるものがある。

ジョーイテンペストやジョンノーラムのソロ作品から、前作『スタート・フロム・ザ・ダーク』の流れを経て、『シークレット・ソサエティ』で一つの完成形になったと見てもいいのではないだろうか。
冒険心と緊張感に満ちあふれた①からアルバムは幕を開ける。ジョン・ノーラムのギタープレイが多くフィーチャーされているのも特徴だ。
いや、①だけに限らずアルバム全体を覆うジョンノーラム色はかなりの比重を占めているように思える。
その分、ヨーロッパらしさを出していたミックのキーボードがあまり効果的に使われていないのが心残りだが。

基本的にほとんどの楽曲がソリッドでヘヴィ。
突き抜けたような明るいアメリカンロックや北欧特有のメロディアスさは影を潜めて入るが、じっくり聴けば聴くほどこのアルバムの虜になることは間違いない。
うねるようなリフからダイナミックなサビに展開される⑤、泣きまくるギターソロをこれでもかと曲の終わりに注ぎ込んでくるのが特徴的な⑪とそれ以外にも個性的な楽曲がいくつもあり見逃せない。

今は今。昔は昔。
思いっきり割り切って、このアルバムを楽しんだ者勝ちだ。

-14/Jan/2007-

| | コメント (4) | トラックバック (0)

YUI/FROM ME TO YOU

From_me_to_you
アーティスト名 YUI
アルバムタイトル名 FROM ME TO YOU
勝手な評価(最高 100) 78
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★☆☆
発売日 2006/02/22
短評 もう少し
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①Merry Go Round】 7.9
【②feel my soul】 8.3
【③Ready to love】 8.1
【④Swing of lie】 8.0
【⑤LIFE】 7.9
【⑥Blue wind】 7.9
【⑦I can't say】 8.5
【⑧Simply white】 8.0
【⑨Just my way】 7.9
【⑩Tomorrow's way】 8.0
【⑪I know】 7.8
【⑫TOKYO】 7.9
【⑬Spiral & Escape】 7.9

ヘヴイ度    ♪♪
スピード度   ♪♪
ドラマチック度 ♪♪♪
メロディアス度 ♪♪♪
ポップ度    ♪♪♪


いい加減なコメント

まだまだ荒削り。
だけど彼女にしかない独特の世界観を既に確立させているアルバムである。
歌詞には等身大の彼女自身を反映していそうな感じをうけるのだが、それはもうどこか大人びていてまだ20歳に満たない女の子とは思えないほどストレートに表現できる業を身につけているのが驚きだ。

シングル②、⑤、⑩、⑫の4曲が収録されてる。
その他の楽曲もシングル曲ほどのクオリティまでとはいかないが、それほど見劣りしていなく、十分良い作品に仕上がっている。
ただし、絶賛するほどの作品でないことも確か。
物足りないのだ。
それはもしかしたら曲そのものではないのかもしれない。

あまりにお粗末すぎて気に食わない点が実は二つほどある。
まず一つめ。
力強く歌うサビの部分などはいかにも苦しそうに歌い、曲の良さを損なっているようにさえ感じる。
感情移入といえば聞こえもいいのだろうが私は残念ながらそうは思えなかった。
⑤などですごく気になった。

次に二つめ。
ワイルドさを表現しようとしているのだが、その表現が稚拙すぎてまるで一般人のカラオケレベル。
⑪など。

どうしても個人差がでてきて人それぞれ感じ方は違うように捉えられるが、私はどうしても生理的に受け付けなかった。
ただし、歌い方ではなく彼女そのままの歌声は不思議と興味を惹かれる。
何故かと問われると答えに窮するが、その生まれ持った天性は素晴らしいものがある。
その良さを活かしている楽曲が⑦だと思う。
無理に強弱をつけたくせのある歌い方をせずに、感情をある程度抑えたこの歌い方のほうが曲の良さを十分に活かしきっている。

こうして全体的にみてみると、バラエティ豊かだし、シンガーソングライターとしての地位を確立しつつある、優等生的なアルバムであろう。

でもやっぱり何か物足りない。

-23/Apr/2006-

| | コメント (0) | トラックバック (1)