« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

Airbourne/Runnin' Wild

Airbourne
アーティスト名 Airbourne
アルバムタイトル名 Runnin' Wild
勝手な評価(最高 100) 84
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★☆☆
発売日 2008/01/23
短評 魅力十分
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①Stand Up Rock 'N' Roll】 8.3
【②Runnin' Wild】 8.9
【③Too Much, Too Young, Too Fast】 8.2
【④Diamond In The Rough】 8.3
【⑤Fat City】 8.2
【⑥Blackjack】 8.3
【⑦What's Eatin' You】 8.2
【⑧Girls In Black】 8.3
【⑨Cheap Wine】 8.3
【⑩Heartbreaker】 8.2
【⑪Hellfire】 8.2
【⑫Dirty Angel】 (ボーナストラック)

ヘヴイ度    ♪♪
スピード度   ♪♪
ドラマチック度 ♪♪
メロディアス度 ♪♪
ポップ度    ♪♪


いい加減なコメント

小細工無し、単純明快のロックンロール作品。それ以外にパッと思いつかないぐらい強烈な印象を残したアルバムだ。

オーストラリア出身のバンドということで、AC/DCの名が出てくることは必然。そしてこのアルバム内容もAC/DCに匹敵するぐらいの音で、ある意味本家よりも本家らしい楽曲が目白押し。
AC/DCの後継者に相応しい実力を兼ね備えている新進気鋭のバンドの登場だ。

①からボーナストラックを含む⑫まで、まったくブレが無く、直球一本勝負といった一貫性があるのがこのアルバムの特徴である。
AC/DCファンなら即気に入ることは間違いなしだが、この手の音楽をあまり聴かないリスナーとしてみれば受け入れるのに少々時間がかかるし、また飽きられやすいのかもしれない。
ただしAC/DCだけに感化されているわけではない。
②⑤のようなモトリークルーやラットといった80年代中期頃のLAメタルのグラマラスな部分を完全に取り除いたロック色が強い楽曲も見うけられる。
当然ながらバラード曲は一切無し。
まさに初志貫徹だ。
それにしてもこの時代にこの古典的なロックで勝負する度胸はたいしたものである。

感じるままに純粋にロックを楽しむ。
そんな骨太なロックンロールを体験してみたければ頭の中をスッカラカンにして、この『ランニン ワイルド』聴いてみるとよい。
ロックって楽しいものなんだぜ!
そんな声が聴こえてきそうな極上のロックンロールサウンドがここにはある。
スウィングしなきゃロックンロールじゃない。さあ楽しもう。

-22/Feb/2009-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nickelback/Dark Horse

Darkhorse
アーティスト名 Nickelback
アルバムタイトル名 Dark Horse
勝手な評価(最高 100) 86
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★★☆
発売日 2008/11/19
短評 崩れない
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①Something In Your Mouth】 8.3
【②Burn It To The Ground】 8.3
【③Gotta Be Somebody】 8.6
【④I'd Come For You】 8.6
【⑤Next Go Round】 8.2
【⑥Just To Get High】 8.3
【⑦Never Gonna Be Alone】 8.6
【⑧Shakin' Hands】 8.0
【⑨S.E.X】 8.2
【⑩If Today Was Your Last Day】 8.0
【⑪This Afternoon】 8.2

ヘヴイ度    ♪♪
スピード度   ♪♪
ドラマチック度 ♪♪
メロディアス度 ♪♪♪
ポップ度    ♪♪♪


いい加減なコメント

これが貫禄からくる余裕なのだろうか。
既に全世界で2000万枚以上のセールスを記録しているモンスターバンドの最新作のタイトル名が『ダークホース』。
といってもポストグランジと呼ばれるジャンルのバンドは日本での知名度というのはそれほど高いものではなく、このニッケルバックも例外ではない。

ここでこのアルバムのひとつのカギとなるのがジャンルである。先ほどこのバンドはポストグランジに属すると言ってしまったが、そのジャンル枠に当てはまらないのが『ダークホース』である。
前作あたりからこれは見え隠れしていたが、どうもハードロック寄りになってきたように思える。
そしてそれを決定的にしたのが、今回プロデューサーにマット・ラングを起用したことによるだろう。
マッド・ラングといえば、ハードロックファンとしてはデフレパードの名作『ヒステリア』を思い浮かべる。
その期待に応えてか、作品の出来上がりにはデフレパードを彷彿とさせられる楽曲があるにはあるが、ラフでシンプルなリフ、楽曲に漲るエネルギッシュさといった彼ら特有さはしっかりと活かされているのも特筆すべきであろう。
それは事実上もはやHM/HRのジャンルといっても過言ではない。

一言でこのアルバムを言い表すのならば『男臭い』作品である。
①②⑤⑥⑧⑨といった重圧感、躍動感がある男臭い作品群があるのはもちろん、そんな中で輝きを増すのがバラード。
今回も③④⑦と粒ぞろいな楽曲揃っている。
全体的に3分、4分台の楽曲が多数を占めるので聴き始めて終わりまでサラっと聞き流せてしまう爽快感がある。

時代とともに進化するニッケルバックはついに日本のハードロックファンをも巻き込む名盤を完成させた。
タイトル名とは反対の『本命馬』の登場だ。
番狂わせは許されない。

-14/Feb/2009-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Guns N' Roses/Chainese Democracy

Chainesedemocracy
アーティスト名 Guns N' Roses
アルバムタイトル名 Chinese Democracy
勝手な評価(最高 100) 87
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★★☆
発売日 2008/11/22
短評 ハマれば
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①Chinese Democracy】 8.3
【②Shackler's Revenge】 8.0
【③Better】 8.6
【④Street Of Dreams】 8.6
【⑤If The World】 7.7
【⑥There Was A Time】 8.6
【⑦Catcher In The Rye】 8.7
【⑧Scraped】 8.3
【⑨Raid N' The Bedouins】 8.1
【⑩Sorry】 7.6
【⑪I.R.S】 8.7
【⑫Madagascar】 8.4
【⑬This I Love】 8.3
【⑭Prostitute】 8.3

ヘヴイ度    ♪♪
スピード度   ♪♪
ドラマチック度 ♪♪♪
メロディアス度 ♪♪♪
ポップ度    ♪♪♪


いい加減なコメント

ついに山が動いた。
前作のオリジナルアルバム『ユーズ・ユア・イリュージョンI、II』より実に17年ぶりに新作がリリースされた今作は、発売以前から噂されたタイトルどおりの名前で、アルバムが発売されたこと自体がまるで事件性でもあるかのような驚きと喜びをもって世間から迎えられた。
新作に取りかかったのが14年前というのだから、その長きに渡るプロセスの中でバンドの状況は目まぐるしい変化を遂げ、現在に至ってオリジナルメンバーがアクセルだけになるという事態になっている。

スラッシュやダフ、イジーが在籍していた時代こそが本当のガンズだと主張するファンからすれば、今回の新作をガンズ・アンド・ローゼズの作品として捉えた場合に突き出される答えは「NO」だと言う方が多いであろう。
楽曲に偏りがみられるのはアクセルの絶対的権限が強いせいというか、アクセルの目指しているべき道が他の旧メンバーと違うのを如実に物語っている。

①で長い沈黙を引き裂くようなアクセルのシャウトから、ギターの音を聴いた瞬間に待ち望んでいた新生ガンズにワクワクさせられたのだが、アルバムを聴き終えてみるとなぜか釈然としない気持ちにさせられた。
楽曲自体は悪くない、むしろ素晴らしい。それでもやっぱり素直に諸手を上げて喜べない自分がいる。
まずドラマチックな構成で作られたバラード曲が多いのが特徴である。
『イストレンジド』的な⑤⑫⑭、一昔前に流行ったような曲調のバラード⑬。
昔のガンズでは考えられなかったインダストリアルロックのような⑤。元スキッド・ロウのセバスチャン・バックと共演しているグランジ調の⑩。キャッチーな楽曲の④、⑦。

様々な面をみせるアルバム。
まるで一つの映画を見たような感じにも思えた。
アクセルのソロ作品として見方を変えてみると非常に優秀な作品であることは間違いない。
ただこれを今のガンズの姿だと考えてしまうと、一抹の寂しさを覚えてしまうのである。
長い時間をかけて、たどり着いた行き先がここで終わりを迎えてしまうことだけは決して認めたくない。

-07/Feb/2009-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »