« Buckcherry/Black Butterfly | トップページ | Nickelback/Dark Horse »

Guns N' Roses/Chainese Democracy

Chainesedemocracy
アーティスト名 Guns N' Roses
アルバムタイトル名 Chinese Democracy
勝手な評価(最高 100) 87
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★★☆
発売日 2008/11/22
短評 ハマれば
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①Chinese Democracy】 8.3
【②Shackler's Revenge】 8.0
【③Better】 8.6
【④Street Of Dreams】 8.6
【⑤If The World】 7.7
【⑥There Was A Time】 8.6
【⑦Catcher In The Rye】 8.7
【⑧Scraped】 8.3
【⑨Raid N' The Bedouins】 8.1
【⑩Sorry】 7.6
【⑪I.R.S】 8.7
【⑫Madagascar】 8.4
【⑬This I Love】 8.3
【⑭Prostitute】 8.3

ヘヴイ度    ♪♪
スピード度   ♪♪
ドラマチック度 ♪♪♪
メロディアス度 ♪♪♪
ポップ度    ♪♪♪


いい加減なコメント

ついに山が動いた。
前作のオリジナルアルバム『ユーズ・ユア・イリュージョンI、II』より実に17年ぶりに新作がリリースされた今作は、発売以前から噂されたタイトルどおりの名前で、アルバムが発売されたこと自体がまるで事件性でもあるかのような驚きと喜びをもって世間から迎えられた。
新作に取りかかったのが14年前というのだから、その長きに渡るプロセスの中でバンドの状況は目まぐるしい変化を遂げ、現在に至ってオリジナルメンバーがアクセルだけになるという事態になっている。

スラッシュやダフ、イジーが在籍していた時代こそが本当のガンズだと主張するファンからすれば、今回の新作をガンズ・アンド・ローゼズの作品として捉えた場合に突き出される答えは「NO」だと言う方が多いであろう。
楽曲に偏りがみられるのはアクセルの絶対的権限が強いせいというか、アクセルの目指しているべき道が他の旧メンバーと違うのを如実に物語っている。

①で長い沈黙を引き裂くようなアクセルのシャウトから、ギターの音を聴いた瞬間に待ち望んでいた新生ガンズにワクワクさせられたのだが、アルバムを聴き終えてみるとなぜか釈然としない気持ちにさせられた。
楽曲自体は悪くない、むしろ素晴らしい。それでもやっぱり素直に諸手を上げて喜べない自分がいる。
まずドラマチックな構成で作られたバラード曲が多いのが特徴である。
『イストレンジド』的な⑤⑫⑭、一昔前に流行ったような曲調のバラード⑬。
昔のガンズでは考えられなかったインダストリアルロックのような⑤。元スキッド・ロウのセバスチャン・バックと共演しているグランジ調の⑩。キャッチーな楽曲の④、⑦。

様々な面をみせるアルバム。
まるで一つの映画を見たような感じにも思えた。
アクセルのソロ作品として見方を変えてみると非常に優秀な作品であることは間違いない。
ただこれを今のガンズの姿だと考えてしまうと、一抹の寂しさを覚えてしまうのである。
長い時間をかけて、たどり着いた行き先がここで終わりを迎えてしまうことだけは決して認めたくない。

-07/Feb/2009-

|

« Buckcherry/Black Butterfly | トップページ | Nickelback/Dark Horse »

「HM/HR」カテゴリの記事

「アーティスト・か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/43982247

この記事へのトラックバック一覧です: Guns N' Roses/Chainese Democracy:

« Buckcherry/Black Butterfly | トップページ | Nickelback/Dark Horse »