« Nickelback/Dark Horse | トップページ | Cinder Road/Superhuman »

Airbourne/Runnin' Wild

Airbourne
アーティスト名 Airbourne
アルバムタイトル名 Runnin' Wild
勝手な評価(最高 100) 84
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★☆☆
発売日 2008/01/23
短評 魅力十分
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①Stand Up Rock 'N' Roll】 8.3
【②Runnin' Wild】 8.9
【③Too Much, Too Young, Too Fast】 8.2
【④Diamond In The Rough】 8.3
【⑤Fat City】 8.2
【⑥Blackjack】 8.3
【⑦What's Eatin' You】 8.2
【⑧Girls In Black】 8.3
【⑨Cheap Wine】 8.3
【⑩Heartbreaker】 8.2
【⑪Hellfire】 8.2
【⑫Dirty Angel】 (ボーナストラック)

ヘヴイ度    ♪♪
スピード度   ♪♪
ドラマチック度 ♪♪
メロディアス度 ♪♪
ポップ度    ♪♪


いい加減なコメント

小細工無し、単純明快のロックンロール作品。それ以外にパッと思いつかないぐらい強烈な印象を残したアルバムだ。

オーストラリア出身のバンドということで、AC/DCの名が出てくることは必然。そしてこのアルバム内容もAC/DCに匹敵するぐらいの音で、ある意味本家よりも本家らしい楽曲が目白押し。
AC/DCの後継者に相応しい実力を兼ね備えている新進気鋭のバンドの登場だ。

①からボーナストラックを含む⑫まで、まったくブレが無く、直球一本勝負といった一貫性があるのがこのアルバムの特徴である。
AC/DCファンなら即気に入ることは間違いなしだが、この手の音楽をあまり聴かないリスナーとしてみれば受け入れるのに少々時間がかかるし、また飽きられやすいのかもしれない。
ただしAC/DCだけに感化されているわけではない。
②⑤のようなモトリークルーやラットといった80年代中期頃のLAメタルのグラマラスな部分を完全に取り除いたロック色が強い楽曲も見うけられる。
当然ながらバラード曲は一切無し。
まさに初志貫徹だ。
それにしてもこの時代にこの古典的なロックで勝負する度胸はたいしたものである。

感じるままに純粋にロックを楽しむ。
そんな骨太なロックンロールを体験してみたければ頭の中をスッカラカンにして、この『ランニン ワイルド』聴いてみるとよい。
ロックって楽しいものなんだぜ!
そんな声が聴こえてきそうな極上のロックンロールサウンドがここにはある。
スウィングしなきゃロックンロールじゃない。さあ楽しもう。

-22/Feb/2009-

|

« Nickelback/Dark Horse | トップページ | Cinder Road/Superhuman »

「HM/HR」カテゴリの記事

「アーティスト・あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/44142367

この記事へのトラックバック一覧です: Airbourne/Runnin' Wild:

« Nickelback/Dark Horse | トップページ | Cinder Road/Superhuman »