« ARI KOIVUNEN/Becoming | トップページ | KISS/Revenge »

PRAYING MANTIS/A Cry For The New World

Acftnw
アーティスト名 PRAYING MANTIS
アルバムタイトル名 A Cry For The New World
勝手な評価(最高 100) 88
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★★☆
発売日 1993/05/21
短評 ここでなら
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①Rise Up Again】 8.3
【②A Cry For The New World】 8.0
【③A Moment In Life】 8.2
【④Letting Go】 8.3
【⑤One Chance】 8.0
【⑥Dangerous】 9.1
【⑦Fight To Be Free】 8.2
【⑧Open Your Heart】 8.1
【⑨Dream On】 8.1
【⑩Journeyman】 8.4
【⑪The Final Eclipse】 (インストゥルメンタル)

ヘヴイ度    ♪♪
スピード度   ♪♪
ドラマチック度 ♪♪
メロディアス度 ♪♪♪♪
ポップ度    ♪♪♪


いい加減なコメント

泣きのメロディーはお好きですか?
メロディアスなロックはお好きですか?
そんな貴方にもってこいのアルバムが存在する。
それがプレイング・マンティス史上、最高傑作との呼び名も高い『ア・クライ・フォー・ザ・ニュー・ワールド』だ。

この作品は1993年に発表されたプレイング・マンティスの3作目になる。
ヴォーカルにはこのアルバムのみの参加となってしまったが、コリン・ピールが務めた。
ヴォーカリストとしての迫力にはやや欠けたが、プレイング・マンティス特有のメロディアスで哀愁漂うサウンドにはこれぐらいの線の細さが丁度合う。

全編を通して泣きのメロディが満載で、メロディアスなハードロックが大好きなリスナーには大変受けが良かった。
ただそれだけではなく、⑥にあるようなパンチ力をも持った疾走感溢れるナンバーもあり、今にして思えば必然的に色々な要素が重なり合ってできた名盤だと言えるだろう。

ジャケットもくさい。
サウンドもくさい。
しかしそのくささが日本人にはたまらなく好きなのだろう。
洋楽ハードロック入門編にはもってこいの作品だ。

ギンギラギンの派手さはないが、いぶし銀が光る。
どことなくマイナーさを感じさせるプレイング・マンティスの煌めいた時だった。

-17/Aug/2008-

|

« ARI KOIVUNEN/Becoming | トップページ | KISS/Revenge »

「HM/HR」カテゴリの記事

「アーティスト・は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/42192026

この記事へのトラックバック一覧です: PRAYING MANTIS/A Cry For The New World:

« ARI KOIVUNEN/Becoming | トップページ | KISS/Revenge »