« Judas Priest/Nostradamus | トップページ | BUCKCHERRY/BUCKCHERRY »

中森明菜/バリエーション <変奏曲>

Variation
アーティスト名 中森明菜
アルバムタイトル名 バリエーション <変奏曲>
勝手な評価(最高 100) 89
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★★☆
発売日 1982/10/27
短評 充実一途
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①イントロダクション】 (インストゥルメンタル)
【②キャンセル!】 8.7
【③脆い午後】 8.5
【④哀愁魔術】 8.6
【⑤咲きほこる花に・・・】 8.4
【⑥ヨコハマ A-KU-MA】 8.6
【⑦メルヘン・ロケーション】 8.6
【⑧少女A】 9.0
【⑨第七感】 8.1
【⑩X3ララバイ】 8.6
【⑪カタストロフィの雨傘】 8.9
【⑫エンディング】 (インストゥルメンタル)

ヘヴイ度    ♪
スピード度   ♪♪
ドラマチック度 ♪♪
メロディアス度 ♪♪
ポップ度    ♪♪♪♪


いい加減なコメント

衝撃のデビューアルバムに続き、このセカンドアルバムも80年代初期の中森明菜を網羅した一枚である。
しかもこのアルバムは彼女自身のオリジナルアルバムの中で最大のセールスを記録している。
まだこの頃も歌唱力に初々しさが残っている。
それも当然か、デビューアルバムから約4ヶ月後のリリースされたのがこのセカンドアルバムなのだ。
前作に比べると、若干インパクトが落ちているのは否めない。
しかし、アイドル中森明菜が確実に大人への階段を上るステップとして重要な作品であることに間違いは無いだろう。
それに完成度はかなり高い。

面白いのはここに収録されている楽曲が両極端にわかれていることだ。
いわゆる不良、つっぱり系とでも言えばいいのか攻撃的な楽曲②④⑥⑧⑩とファンタジー系のやわらかい楽曲③⑤⑦⑨にほぼ分割できる。
①のイントロダクションから力で押し切るロック系歌謡曲②、京ことばの歌詞が入ったムード漂う③、テンポの良いポップス④など順番に最後まで聴いていくと面白い法則に行き当たった。
先ほど述べた対極された各楽曲が交互に並んでいるのである。動と静、まさにアルバムタイトルのごとく変幻自在だ。
アルバムのラストを飾る⑪は壮大なバラード曲。あまりのドラマチックな構成はそのもの悲しい歌詞とマッチして圧巻とさえ思わされる。

それにしてもバリエーション豊かな声色だ。楽曲のイメージ対して完璧に使い分けている。
その魅力的な歌声はこのアルバムのいたるところで堪能できる。
シングル曲は今や明菜のつっぱり系歌謡曲の先駆けとなった⑧の一曲だけだが、その他隠れた名曲がここにはたくさんある。

現代のアイドルとは格が違う。オーラが違う。
王道といえる本物のアイドル歌謡曲ここにあり。

-13/Jul/2008-

|

« Judas Priest/Nostradamus | トップページ | BUCKCHERRY/BUCKCHERRY »

「J-POP」カテゴリの記事

「アーティスト・な行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/41821261

この記事へのトラックバック一覧です: 中森明菜/バリエーション <変奏曲>:

« Judas Priest/Nostradamus | トップページ | BUCKCHERRY/BUCKCHERRY »