« Harem Scarem/Hope | トップページ | 中森明菜/バリエーション <変奏曲> »

Judas Priest/Nostradamus

Nostradamus
アーティスト名 Judas Priest
アルバムタイトル名 Nostradamus
勝手な評価(最高 100) 82
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★☆☆
発売日 2008/06/25
短評 距離不安
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

(DISC 1)
【①Down of Creation】 
【②Prophecy】 
【③Awakening】 
【④Revelations】 
【⑤The Four Horsemen】 
【⑥War】 
【⑦Sands of Time】 
【⑧Pestilence and Plague】 
【⑨Death】 
【⑩Peace】 
【⑪Conquest】 
【⑫Lost Love】 
【⑬Persecution】 
(DISC 2)
【①Solitude】 
【②Exiled】 
【③Alone】 
【④Shadows In The Flame】 
【⑤Visions】 
【⑥Hope】 
【⑦New Beginnings】 
【⑧Calm Before the Storm】 
【⑨Nostradamus】 
【⑩Future of Mankind】 
※コンセプトアルバムのため各楽曲の評価点については割愛

ヘヴイ度    ♪♪
スピード度   ♪♪
ドラマチック度 ♪♪♪
メロディアス度 ♪♪
ポップ度    ♪♪


いい加減なコメント

バンド史上初めてのコンセプトアルバムに挑戦した意欲作。
二枚組で100分にもおよぶ壮大なロックオペラである。
だれしもが聞いたことある歴史上の有名人物、あのノストラダムスの生涯を吹き込んだ作品だ。
最初に言っておくが『ペインキラー』のような作風のみを望んでいるのであれば、このアルバムに必要以上に期待することは無駄である。
この作品は浮き沈みの多い激動のノストラダムスの人生そのもののように、楽曲もスピードチューン一辺倒ではなく、壮大なスケールで織りなす世界観が伺える。
つまり、ミドルテンポの重厚なドラマ性を全面に押し出す楽曲でほとんどを固めていることによって、聴く者にとってはただ単に退屈で終わってしまう可能性もあるということだ。
軽い気持ちで手にすると痛いしっぺ返しをくらうので注意が必要だ。

あえてスピードチューンをあげるのであればどちらのディスクでもクライマックスとなっている⑬(Disc 1)と⑨(Disc 2)だろう。
ただ収録されている楽曲を単純にピックアップするのはナンセンスだ。
これはコンセプトアルバム。作品の最初から最後まで何一つ欠けることなくすべてが揃って初めて一つの芸術品となるのである。

おそらくファンの間では賛否両論を巻き起こすだろう。
だが、ジューダスプリーストらしさは何も『ペインキラー』だけに凝縮されているわけではないのだ。
これもまたジューダスプリーストらしさと言えるのではないだろうか。

ノストラダムスは予言していたであろう。
遠い未来、自分を扱ったコンセプトアルバムがジューダスプリーストによって生み出されることを。

-06/Jul/2008-

|

« Harem Scarem/Hope | トップページ | 中森明菜/バリエーション <変奏曲> »

「HM/HR」カテゴリの記事

「アーティスト・さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/41751424

この記事へのトラックバック一覧です: Judas Priest/Nostradamus:

» ジューダス・プリースト [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.00231 ジューダス・プリーストのライヴアルバム『プリースト・・・ライヴ!』(1987年) 甘いバラードを聴いた後は、しょっぱいと言うか“重い音”が聴きたくなるのは食べ物を食べた後と一緒です。 と言う事で、“メタル・ゴッド”ジューダス・プリー....... [続きを読む]

受信: 2008/07/19 12:47

« Harem Scarem/Hope | トップページ | 中森明菜/バリエーション <変奏曲> »