« BUCKCHERRY/BUCKCHERRY | トップページ | BON JOVI/Keep The Faith »

JOURNEY/Revelation

Revelation
アーティスト名 JOURNEY
アルバムタイトル名 Revelation
勝手な評価(最高 100) 85
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★★☆
発売日 2008/07/14
短評 復活の狼煙
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①Never Walk Away】 8.6
【②Like A Sunshower】 8.2
【③Change For The Better】 8.4
【④Wildest Dream】 8.0
【⑤Faith In The Heartland】 8.3
【⑥After All These Years】 8.4
【⑦Where Did I Lose Your Love】 8.2
【⑧What I Needed】 8.2
【⑨What It Takes To Win】 8.0
【⑩Turn Down The World Tonight】 8.5
【⑪The Journey (Revelation)】 (インストゥルメンタル)
【⑫Let It Take You Back】 8.0

ヘヴイ度    ♪
スピード度   ♪♪
ドラマチック度 ♪♪♪
メロディアス度 ♪♪♪
ポップ度    ♪♪♪♪


いい加減なコメント

ジャーニーのヴォーカリストといえば真っ先に思い浮かぶのはスティーヴ・ペリーだ。
彼が在籍していた時期こそがジャーニーにとっての全盛期であり、あの金字塔を打ち立てた『フロンティアーズ』『エスケイプ』での印象が強すぎる。そのスティーヴ・ペリーは1998年でバンドを脱退。
あれからバンドはオウジェリー、ジェフ・スコット・ソートとフロントマンを替えながら活動を続けてきた。
その頃の作品はセールス的には不振を続けてきたが、内容にしては評判は悪くないと聞く。
そしてまた新たなフロントマンを迎え、2008年に発表した『Revelation』は今までのセールス不振が嘘かのような快進撃をチャート上で賑わしている。
①を聴いた時点で正直驚いた。まるでスティーヴ・ペリーのような高音域での伸びのある歌声を聴いたからに他ならない。
サウンド的にも80年代のあの作品に近いものを感じる。
そのジャーニーの新しいヴォーカリストというのがフィリピン人のアーネル・ピネダという人物だ。
ジャーニー加入のきっかけとなったのはYouTubeだというから面白い。ニールショーンがYouTubeでジャーニーのフロントマンに相応しい人材がいないか探しまわったところ、フィリンピンで活動していた頃の彼の歌声に目をつけたのだ。
彼の生い立ちも含めて現代ならではのシンデレラストーリーである。

さて、肝心のアルバム内容だが文句無しに出来が良い。
これぞ産業ロックの代名詞、ポップでキャッチーなメロディー、バラード、金太郎飴のごとくどこからどう切ってもジャーニーそのものの音楽だ。
これは往年のジャーニーファンでも納得するのではないだろうか。

裏を返せば名盤の焼き直しと批判もできるのだが、あえて原点回帰で勝負しようとしたその姿勢を評価したい。
ちなみにこの作品は1枚目が新作集で2枚目が過去のヒット曲を今のメンバーで再収録したものとなっている。
願わくば話題性のみで終わることなく、ジャーニーとしての音楽性をアピールし続けて欲しいものだ。

-27/Jul/2008-

|

« BUCKCHERRY/BUCKCHERRY | トップページ | BON JOVI/Keep The Faith »

「HM/HR」カテゴリの記事

「アーティスト・さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/41982658

この記事へのトラックバック一覧です: JOURNEY/Revelation:

« BUCKCHERRY/BUCKCHERRY | トップページ | BON JOVI/Keep The Faith »