« Blue Murder/Blue Murder | トップページ | Harem Scarem/Hope »

Motley Crue/Saints Of Los Angels

Sola
アーティスト名 Motley Crue
アルバムタイトル名 Saints Of Los Angels
勝手な評価(最高 100) 89
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★★☆
発売日 2008/06/18
短評 調子戻る
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①L.A.M.F】 (イントロダクション)
【②Face Down In The Dirt】 8.5
【③What's It Gonna Take】 8.3
【④Down At The Whisky】 8.6
【⑤Saints Of Los Angels (Gang Version)】 8.8
【⑥Muther Fucker Of The Year】 8.4
【⑦The Animal In Me】 8.5
【⑧Welcome To The Machine】 7.9
【⑨Just Another Psycho】 8.8
【⑩Chicks = Trouble】 8.5
【⑪This Ain't A Love Song】 8.0
【⑫White Trash Circus】 8.0
【⑬Goin' Out Swingin'】 8.1
【⑭Kick Start My Heart (Live)】 (ボーナストラック)
【⑮Saints Of Los Angels (Live)】 (ボーナストラック)

ヘヴイ度    ♪♪♪
スピード度   ♪♪
ドラマチック度 ♪♪
メロディアス度 ♪♪
ポップ度    ♪♪♪


いい加減なコメント

私がHM/HRに深く傾倒するようになったきっかけのアルバムはモトリークルーの『ドクター・フィールグッド』であった。
いわばあれが私にとってのHM/HRのバイブルであり、それは死ぬまで変わることはないだろう。

何度目の正直になるのだろうか。
モトリークルーの新譜が出ては期待を裏切られ、落胆してそして次に期待をかける。これの繰り返しが続くと思われていたのだが、ついにピリオドを打つときがきたようだ。
この新作には私が求めていたモトリーの音楽が充実している。

アルバム制作時は当初ボブロックがプロデュースをしているといった誤報が流れてきたが、実際はジェイムス・マイケルがプロデュースしている。彼はニッキーシックスのプロジェクトであるSixx:A.M.でもアルバムをプロデュースしており、この起用は流れに沿った自然なものであった。それよりも驚いたのが、ほとんどの楽曲をSixx:A.M.のメンバーで手がけてきたことだ。
当然のことながら、Sixx:A.M.で聴かれたようなミドルテンポで奥行きのあるダイナミックな作風がこのアルバムの中でも見え隠れしているのは仕方がないことだ。それが色濃く反映されているのは⑦、⑨といったところか。
他に、いかにもモトリーらしいキッチャーな③、④、⑩や初期の頃を思わせる⑥、⑬、『ドクターフィールグッド』『ガールズ・ガールズ・ガールズ』を発表した80年代後半のころのイメージがピッタリ当てはまる②、⑤、⑫。90年代のベスト盤に収録されていた『プライマル・スクリーム』みたいな⑪。
とにかくこのアルバムにはバラエティ豊かなモトリーサウンドが詰め込まれている。
聴けば聴くほどモトリークルーの甘い毒牙にハマっていきそうな感覚だ。

オリジナルメンバーでのアルバム制作では『ジェネレーション・スワイン』以来、実に11年ぶりとなる。
しかも収録されている楽曲の歌詞を見てのとおり、このアルバムは彼らの自伝のようなものだ。
そんなモトリークルー集大成のアルバムが傑作品にならないわけがない。
L.Aの悪ガキロッカーどもがついに帰ってきた。

-22/Jun/2008-

|

« Blue Murder/Blue Murder | トップページ | Harem Scarem/Hope »

「HM/HR」カテゴリの記事

「アーティスト・ま行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/41611103

この記事へのトラックバック一覧です: Motley Crue/Saints Of Los Angels:

« Blue Murder/Blue Murder | トップページ | Harem Scarem/Hope »