« Motley Crue/Saints Of Los Angels | トップページ | Judas Priest/Nostradamus »

Harem Scarem/Hope

Hope
アーティスト名 Harem Scarem
アルバムタイトル名 Hope
勝手な評価(最高 100) 85
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★★☆
発売日 2008/06/25
短評 涙のラストラン
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①Watch Your Back】 8.3
【②Time Bomb】 8.3
【③Hope】 8.6
【④Days Are Numbered】 8.4
【⑤Dark Times】 8.2
【⑥Beyond Repair】 8.3
【⑦Never Too Late】 8.4
【⑧Shooting Star】 8.5
【⑨Calm Before The Storm】 8.2
【⑩Nothing Without You】 8.4
【⑪Stranger Than Love (Acoustic Version)】 (ボーナストラック)

ヘヴイ度    ♪♪
スピード度   ♪♪
ドラマチック度 ♪♪
メロディアス度 ♪♪
ポップ度    ♪♪


いい加減なコメント

バンド結成20年、日本においてセンセーショナルなデビューを飾ってから15年、ハーレムスキャーレムが織りなす音楽は多くのファンの心を潤わせてきた。そしてそんな素敵なバンドが最後のスタジオアルバムを携えて遂に解散を迎える。
日本においてのデビュー作『ムード・スウィングス』の与えたインパクトは今でも忘れない。
路線転換を図った問題作『ヴォイス・オブ・リーズン』、バンド改名となった『ラバー』、復活作の『ウエイト・オブ・ザ・ワールド』などもしかりだ。

さて、肝心のラストアルバムの内容だが、ハーレムスキャーレム節の復活となった前作『ヒューマン・ネイチャー』とは一線を画す作風となっている。
強いて言うならばダークで起伏に富んでいない『オヴァー・ロード』路線に近い気がする。
しかし、曲はしっかり練られているしサビの盛り上がりなどハーレムスキャーレムそのものだ。
最後だから自分たちがやりたいように作ったのか。そんな風に思てくる作品だ。

①からはじまるほぼ大半の楽曲はポップでキャッチーではない。が、重厚なロック然としていてこれはこれで好きだ。
とくにアルバムタイトル曲となっている③は力強い骨太なロックでフックが効いていて、一度聴くとやみつきになりそうだ。
先ほど『オヴァー・ロード』路線と言ってしまったが、『ヴォイス・オブ・リーズン』をも彷彿とさせる。
そんな中で切ないメロディーがより一層美しく思わされる⑧、ラストを飾る⑩には切なさが募る。

日本ファンへのメンバーの気遣いなのか、日本盤にはボーナストラックとして『ストレンジャー・ザン・ラヴ』のアコースティックヴァージョンが収録されている。
この楽曲のオリジナルバージョンは『ムード・スウィングス』に収録されていたものだ。
これをアルバムの最後に聴いたとき何とも言えぬ思いが胸にこみ上げてきた。

ラストアルバムのタイトル名が『ホープ』。最後で希望というのもなんだかおかしな感じがするが、色々な意味に捉えられることができる。ハーレムスキャーレムを忘れないで欲しいとの願いや、メンバーの今後の活躍に期待するといった意味で私はとっておこう。
彼らの作り出した音楽は最高であった。それはハーレムスキャーレムのファンであれば一生忘れることのない宝物だ。
「さようなら」というのは寂しすぎる。そんな言葉よりももっと相応しい言葉があるだろう?

ありがとう。

-29/Jun/2008-

|

« Motley Crue/Saints Of Los Angels | トップページ | Judas Priest/Nostradamus »

「HM/HR」カテゴリの記事

「アーティスト・は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/41679778

この記事へのトラックバック一覧です: Harem Scarem/Hope:

« Motley Crue/Saints Of Los Angels | トップページ | Judas Priest/Nostradamus »