« Ivoryline/There Came A Lion | トップページ | Bad English/Bad English »

Perfume/GAME

Game
アーティスト名 Perfume
アルバムタイトル名 GAME
勝手な評価(最高 100) 92
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★★★
発売日 2008/04/16
短評 本命登場
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①ポリリズム】 8.6
【②plastic smile】 8.7
【③GAME】 8.5
【④Baby cruising Love】 8.6
【⑤チョコレイト・ディスコ】 8.7
【⑥マカロニ】 8.3
【⑦セラミックガール】 8.4
【⑧Take me Take me】 8.1
【⑨シークレットシークレット】 8.8
【⑩Butterfly】 8.2
【⑪Twinkle Snow Powdery Snow】 8.4
【⑫Puppy love】 8.2

ヘヴイ度    ♪
スピード度   ♪♪
ドラマチック度 ♪♪
メロディアス度 ♪♪
ポップ度    ♪♪♪♪


いい加減なコメント

心地よいサウンドで、浮遊感漂う雰囲気。
一度そのサウンドを耳にするとなかなか頭の中から離れず、何度でもリピートして聴いてしまう中毒性。
とんでもないモンスターアルバムが登場してきた。
聴く者を虜にさせるその魅力とは一体何なのか。

①がNHKの環境・リサイクルのキャンペーンソングとしてお茶の間のテレビを賑わしてから、テレビ、ネットのメディアを媒介にして爆発的にその音楽性の話題を全国津々浦々に振りまいていった。
テクノポップの範疇に収まりきれないその楽曲の素晴らしさはもちろんのこと、歌い手としての感情が込められていない声質であるがゆえの埋没された中にある個性の輝きを発見してしまっとときの快感がたまらない。
①②③④⑤の重厚なメロディ、キャッチーさ、気持ちがいいリズムのテンポなどの要素が相成って一聴して気に入ってしまうことであろう。中でも⑨が秀逸だ。
前作はインディーズ時代からの代表作も含めてベストとして発売していることから、ひとつの作品としてはまとまりがなかったが、セカンドアルバムとなる今作はアルバムとしてのコンセプトが全面に打ち出されており、最初から最後まで同じテンションで聴き通すことができるのが良い。

どうせアイドルの音楽なんだろう?
いえいえ、聴かず嫌いは良くない。
閉塞感がみなぎる日本の今の音楽シーンに新しい風が駆け抜ける。それがPerfumeだ。
音楽テクノユニットなのかアイドルなのか、判断に苦しむところだが今時のアイドルには珍しい下積み時代が長かった彼女たち。
彼女たちは立ち止まることなく、常に前を向いて進化していく。
未来は明るい。

-25/May/2008-

|

« Ivoryline/There Came A Lion | トップページ | Bad English/Bad English »

「J-POP」カテゴリの記事

「アーティスト・は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/41313060

この記事へのトラックバック一覧です: Perfume/GAME:

« Ivoryline/There Came A Lion | トップページ | Bad English/Bad English »