« ASIAN KUNG-FU GENERATION/ワールド ワールド ワールド | トップページ | Bullet For My Valentine/Scream Aim Fire »

Last Autumn's Dream/Hunting Shadows

Hunting
アーティスト名 Last Autumn's Dream
アルバムタイトル名 Hunting Shadows
勝手な評価(最高 100) 83
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★☆☆
発売日 2007/12/19
短評 好調持続
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①Strange Operation】 8.0
【②Rainbow Sky】 8.4
【③My Alibi】 8.2
【④I'm Not Supposed To Love You Anymore】 8.3
【⑤Lost In Moscow】 8.2
【⑥R U Ready To Rock' n Roll】 8.2
【⑦Serenity】 8.3
【⑧War Of Your Worlds】 8.2
【⑨Save Our Love】 8.2
【⑩Ever Beat Of My Heart】 8.5
【⑪Overnight Sensation】 8.3
【⑫Match Made In Heaven】 (ボーナストラック)

ヘヴイ度    ♪♪
スピード度   ♪♪
ドラマチック度 ♪♪
メロディアス度 ♪♪♪
ポップ度    ♪♪♪♪


いい加減なコメント

通算5作目となるこの作品は前作を踏襲して、さらに楽曲に磨きをかけた粒ぞろいの楽曲が収録されている。
ただし、キラーチューンとなるべき曲は存在しなく、水準以上に良い楽曲が集まりすぎて逆にアルバムの全体像を薄くしている印象さえ与えてしまっている。
アルバム全体を通して聴くとメリハリがあまり無いように思えてしまうのである。

しかしながら、それは贅沢な欲求であろう。
結成以来ファンに良質な曲を提供してくれた事実に変わりはなく、今回もさらに満腹感を与えてしまうぐらいのアルバムを用意してくれたのだ。

バンドとしては初期の哀愁が漂うような楽曲はなりを潜め、突き抜けるような爽快感が多めの楽曲が目立ってきたように、音楽指向が若干変化しているように見える。
一部のファンには戸惑いもみられるかもしれないが、これはこれでバンドとしてのまとまり感は上がってきたのではないだろうか。
オーソドックスなロックナンバーの⑥、日本に向けて書いたポップなメロディーの⑪を代表するようにタイトで攻撃的な楽曲で勝負してきたように感じるが、他の曲はキャッチーさの中にもLAD特有の哀愁感はやっぱり残っている。
メンバーであるミカエルは⑩をホワイトスネイクの様々な要素をミックスして書いたと言っているが、これはホワイトスネイクよりも、後期のレインボーを彷彿とさせられる。
とにかく、冒頭ではメリハリが無いと言い切ってしまったが、聴き込んでいくごとに楽曲の良さだけではなく、その多彩さに感心させられていくのだ。

バンドとして、ある一定の場所までたどり着いた感のあるLADだが、次に見せる新しいアルバムではどのように進化しているのであろうか。
今回は期待を裏切らない良作を届けてくれた。
次回は期待をも大きく裏切る傑作を届けてくれることを願おうではないか。

-23/Mar/2008-

|

« ASIAN KUNG-FU GENERATION/ワールド ワールド ワールド | トップページ | Bullet For My Valentine/Scream Aim Fire »

「HM/HR」カテゴリの記事

「アーティスト・ら行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/40607392

この記事へのトラックバック一覧です: Last Autumn's Dream/Hunting Shadows:

« ASIAN KUNG-FU GENERATION/ワールド ワールド ワールド | トップページ | Bullet For My Valentine/Scream Aim Fire »