« Last Autumn's Dream/Hunting Shadows | トップページ | 木村カエラ/+1 »

Bullet For My Valentine/Scream Aim Fire

Scream
アーティスト名 Bullet For My Valentine
アルバムタイトル名 Scream Aim Fire
勝手な評価(最高 100) 84
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★☆☆
発売日 2008/01/23
短評 上昇気配
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①Scream Aim Fire】 8.2
【②Eye Of The Storm】 8.3
【③Hearts Burst Into Fire】 8.4
【④Waking The Demon】 8.3
【⑤Disappear】 8.3
【⑥Deliver Us From Evil】 8.1
【⑦Take It Out On Me】 8.3
【⑧Say Goodbye】 8.2
【⑨End Of Days】 8.2
【⑩Last To Know】 8.3
【⑪Forever And Always】 8.3
【⑫No Easy Way Out】 (ボーナストラック)

ヘヴイ度    ♪♪♪
スピード度   ♪♪♪
ドラマチック度 ♪♪
メロディアス度 ♪♪♪
ポップ度    ♪♪


いい加減なコメント

新世代メタルの有望株、ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン(以下BFMVと略)の二作目。
前作の『ザ・ポイズン』がスマッシュヒットし、一躍脚光を浴びるようになった彼らの新しいアルバムは音楽的広がりを見せ、成長の後が伺える。
ヴォーカリストの喉の障害のため、前と同じ歌い方ができなかったマイナス面があるとはいえ、クオリティは十分保たれているのではないだろうか。

英国出身のバンドらしく、アイアンメイデンなどの影響が感じられ、その他にはメタリカなどのスラッシーさも兼ね備えている。
とくにメイデンらしい楽曲と言えば③か。
攻撃的で疾走感溢れる①②④⑩、曲の中間でメロコアの要素が出ている⑤、メロディアスというか正統派メタル的な⑦⑨、落ち着いたエモーショナルな⑧、普通のロックナンバー⑪。
明らかに前作よりは聴きやすくなっているので、コアなメタルに抵抗を感じているリスナーにも受けが良く、BFMVは新たなファンを増やしたでろう。

メタル界の隆盛時期に活躍した大物のバンドは今もなお健在だ。
ビッグネームだけあって、作品を出せばある程度の売り上げやメタルシーンは少なからず盛り上がる。
しかし、それに頼っているだけでいいのだろうか。このBFMVを筆頭とする今最も勢いのあるバンドが今後のメタルシーンを引っ張っていかなければならないのだ。その大役を担うだけのレベルがこのバンドにはあると、このアルバムを聴いて確信した。
そして次はあっという間に本作品を凌駕するアルバムを仕上げてくるに違いない。
今後も目を離せない、注目するバンドだ。

-30/Mar/2008-

|

« Last Autumn's Dream/Hunting Shadows | トップページ | 木村カエラ/+1 »

「HM/HR」カテゴリの記事

「アーティスト・は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/40689114

この記事へのトラックバック一覧です: Bullet For My Valentine/Scream Aim Fire:

« Last Autumn's Dream/Hunting Shadows | トップページ | 木村カエラ/+1 »