« BON JOVI/LOST HIGHWAY | トップページ | Scorpions/Humanity Hour I »

Velvet Revolver/LIBERTAD

Rebertad
アーティスト名 Velvet Revolver
アルバムタイトル名 Libertad
勝手な評価(最高 100) 85
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★★☆
発売日 2007/06/27
短評 本領発揮
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①Let It Roll】 8.3
【②She Mine】 8.3
【③Get Out The Door】 8.4
【④She Builds Quick Machines】 8.7
【⑤The Last Fight】 8.6
【⑥Pills, Demons & Etc...】 8.0
【⑦American Man】 7.9
【⑧Mary Mary】 7.9
【⑨Just Sixteen】 8.6
【⑩Can't Get It Out Of My Head】 (カバー曲)
【⑪For A Brother】 7.9
【⑫Spay】 7.9
【⑬Gravedancer】 8.0
【⑭Gas & A Dollar Laugh】 (ボーナストラック)

ヘヴイ度    ♪♪
スピード度   ♪♪♪
ドラマチック度 ♪♪
メロディアス度 ♪♪
ポップ度    ♪♪


いい加減なコメント

ヴェルヴェットリヴォルヴァー待望のセカンドアルバム。
前作『コントラバンド』より約2年以来の新作は驚くほどバンドの音になっていた。

次から次へと迫りくる楽曲はひじょうに歯切れ良い、シャープでタイトな音ばかり。
そのぶん、スラッシュの自由奔放なギターが少し影を潜めてしまったのは残念だが、それを補っても余りある強力な楽曲群がこの作品には存在する。

3分にも満たない短い曲だが、聴いている者をのっけから熱くさせるには十分すぎるロックナンバーの①を始め、アルバム前半にはコンパクトにまとめた中にも強力なエネルギーを有する楽曲が立て続けに並んでいる。
先攻シングル曲になっている④などは痺れるほど格好良く、クールなロックナンバーだ。
スラッシュのギターが少ないと先ほど述べたが⑨はこれでもかと弾きまくっている印象を与えられた。誤解を恐れずに言ってしまえばガンズに居た頃に近いと思った。
曲調が少しスローテンポだがダイナミックな⑤もアルバムの中で際立っている。
曲自体のインパクトは少し弱いが⑦から⑧への流れも見事。
ELOのガヴァー曲⑩はすでに彼らの色で染められていて、まったく違和感がない。

全体的に言えることだが、前作よりもミックスがしっかりしていて音質がよりクリアになっている。
こうした要因も今作の出来の良さを物語っている。

ガンズの幻を追いかけるが如く、声があの人だったら・・・とかヴェルヴェットリヴォルヴァーの楽曲を聴くたびにそう思う方もいるとは思うが、今回はきっちりヴォーカルのスコットがバンドの一ピースにしっかり当てはまっている。
つまりヴェルヴェットリヴォルヴァーはヴェルヴェットリヴォルヴァーであってそれ以外の何者でもない。

このバンドが目指す羅針盤は常に未来を指してる。
過去の栄光にすがるのでもなく、完全体と化したこのバンドはスコットとともに彼らであるべく、ロックシーンで息の長い活躍を願わずにはいられない。

-22/July/2007-

|

« BON JOVI/LOST HIGHWAY | トップページ | Scorpions/Humanity Hour I »

「HM/HR」カテゴリの記事

「アーティスト・は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/15843830

この記事へのトラックバック一覧です: Velvet Revolver/LIBERTAD:

« BON JOVI/LOST HIGHWAY | トップページ | Scorpions/Humanity Hour I »