« WINGER/IV | トップページ | EUROPE/Secret Society »

Harem Scarem/Human Nature

Human_nature
アーティスト名 Harem Scarem
アルバムタイトル名 Human Nature
勝手な評価(最高 100) 87
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★★☆
発売日 2006/11/22
短評 予想外
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①Human Nature】 8.1
【②Next Time Around】 8.2
【③Caught Up In Your World】 8.4
【④Reality】 8.6
【⑤Hanging On】 8.3
【⑥Don't Throw It Away】 8.8
【⑦Give Love / Get Love】 8.8
【⑧21】 7.9
【⑨Starlight】 8.4
【⑩Going Under】 8.3
【⑪Tomorrow May Be Gone】 8.7
【⑫Higher (Acoustic Version)】 (ボーナストラック)

ヘヴイ度    ♪♪♪
スピード度   ♪♪♪
ドラマチック度 ♪♪♪
メロディアス度 ♪♪♪♪
ポップ度    ♪♪♪


いい加減なコメント

正直予想外だった。
ここまで開き直って、我々ファンが待ち望んだサウンドを届けてくれるとは・・・。

今回は躍動感溢れるあのハーレムスキャーレムが堪能できる。
どういった心境の変化なのかわからないが、やればできるバンドなんだと再認識させられた。
往年のハーレムスキャーレム節が満載となっているので、昔のファンもこれを聴いて戻ってくるのではないだろうか。
それくらい、この『ヒューマン・ネイチャー』の出来は素晴らしい。

復活してから『ウエイト・オブ・ザ・ワールド』『ハイヤー』といい流れできていたのに、前作『オーバー・ロード』でのあの妙に落ち着いてしまった雰囲気をみる限りあまり今作に関してあまり期待していなかったのだが、良い意味でハーレムスキャーレムに裏切られた恰好だ。

②⑨⑩⑪といったアップテンポなナンバーは初期のハーレムスキャーレム像を彷彿とさせられるし、⑥⑦といったミドルテンポなナンバーでは重厚なコーラスを堪能させてくれる。
なんといってもほとんどの曲がキャッチーで馴染みやすい。

ちなみに⑥はサードアルバムの雰囲気が醸し出されている。
⑧は前作に近い。
こうしてみると、彼らが発表してきたアルバムの全ての要素がこのアルバム内に凝縮させられているような気がしてならない。

この作品は、あの名作『ムード・スイングス』とまではいかないが、それに近いクオリティを備えているといっても過言ではないだろう。むしろ5thアルバムの『ビッグバンセオリー』に近いかもしれない。
これで何度目の原点回帰なのか。
紆余曲折を経てもう一度この姿に戻ってくれたのは嬉しいのだが、これからの彼らの音楽性がこのまま続いてくれることを祈ってやまない。

-08/Jan/2007-

|

« WINGER/IV | トップページ | EUROPE/Secret Society »

「HM/HR」カテゴリの記事

「アーティスト・は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/13390913

この記事へのトラックバック一覧です: Harem Scarem/Human Nature:

« WINGER/IV | トップページ | EUROPE/Secret Society »