« Harem Scarem/Human Nature | トップページ | 木村カエラ/Scratch »

EUROPE/Secret Society

Secret_society
アーティスト名 Europe
アルバムタイトル名 Secret Society
勝手な評価(最高 100) 84
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★★☆
発売日 2006/11/18
短評 気配上昇
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①Secret Society】 8.0
【②Always The Pretenders】 8.3
【③The Getaway Plan】 8.4
【④Wish I Could Believe】 8.1
【⑤Let The Children Play】 8.3
【⑥Human After All】 8.0
【⑦Love Is Not The Enemy】 8.3
【⑧A Mother's Son】 8.2
【⑨Forever Travelling】 8.3
【⑩Brave And Beautiful Soul】 8.3
【⑪Devil Sings The Blues】 8.4
【⑫Start From The Dark】 (ボーナストラック)

ヘヴイ度    ♪♪♪
スピード度   ♪♪♪
ドラマチック度 ♪♪♪
メロディアス度 ♪♪♪
ポップ度    ♪♪


いい加減なコメント

解散前のヨーロッパを期待して、もしも今回の新譜を聴こうとするのならば、強烈なしっぺ返しにあうこと間違いない。
ひと昔のヨーロッパとは、もはや完全に別のバンドと考えてよさそうだ。

それも当たり前で、ポップ路線をひたすら突き進んで行ったヨーロッパにはキー・マルセロが在籍していたが、今のヨーロッパにはオリジナルメンバーのジョン・ノーラムが復帰して、キー・マルセロの姿はどこにもない。
必然的に音楽性も当時のままになるわけもない。

別の捉え方をしてみると、ジョンがいた初期の音楽性になると予測もできるのだが、今更ながら昔の焼き直しなんてするわけもなく、新生ヨーロッパとして復帰第一弾を発表したわけだが、これが見事周囲の期待を裏切ったのは言うまでもない。

しかし今作は復活第一作の前作の路線を踏襲しつつも、確実にパワーアップしている。
同じ系統のバンドで言えば、ウインガーの最新作『IV』に通じるものがある。

ジョーイテンペストやジョンノーラムのソロ作品から、前作『スタート・フロム・ザ・ダーク』の流れを経て、『シークレット・ソサエティ』で一つの完成形になったと見てもいいのではないだろうか。
冒険心と緊張感に満ちあふれた①からアルバムは幕を開ける。ジョン・ノーラムのギタープレイが多くフィーチャーされているのも特徴だ。
いや、①だけに限らずアルバム全体を覆うジョンノーラム色はかなりの比重を占めているように思える。
その分、ヨーロッパらしさを出していたミックのキーボードがあまり効果的に使われていないのが心残りだが。

基本的にほとんどの楽曲がソリッドでヘヴィ。
突き抜けたような明るいアメリカンロックや北欧特有のメロディアスさは影を潜めて入るが、じっくり聴けば聴くほどこのアルバムの虜になることは間違いない。
うねるようなリフからダイナミックなサビに展開される⑤、泣きまくるギターソロをこれでもかと曲の終わりに注ぎ込んでくるのが特徴的な⑪とそれ以外にも個性的な楽曲がいくつもあり見逃せない。

今は今。昔は昔。
思いっきり割り切って、このアルバムを楽しんだ者勝ちだ。

-14/Jan/2007-

|

« Harem Scarem/Human Nature | トップページ | 木村カエラ/Scratch »

「HM/HR」カテゴリの記事

「アーティスト・や行」カテゴリの記事

コメント

EUROPE懐かしい!!!!!!!!

サード・アルバムと4thアルバム持ってマース!!!!!

初期のEUROPE(「セヴン・ドアーズ・ホテル」とかとくに1st&2ndアルバム)は私が持ってる3・4枚目のアルバムとはサウンドが異なるっていわれますが、
こちらの最初の2枚のアルバムは
どういうサウンドでしょうか? 
聴いたことがあるのならば教えてください。

投稿: マービン&ジョニー | 2008/07/24 10:10

ごめんなさい。初期の2枚のアルバムは持っていません。
ただベスト盤などに収録されている初期の楽曲を聴く限り、透明感溢れるサウンドだって捉えられますよね。
あとちょっとアグレッシヴ感も。
やはりジョン・ノーラムの影響力が及ぼしているのでしょうか。
ちなみにヨーロッパのアルバムの中で一番好きなものは『プリズナーズ・イン・パラダイス』です。

投稿: つっか | 2008/07/24 22:28

要するにいわゆるヘヴィメタルというよりは
メロディの良いハードロックという感じでしょうか?

ヘヴィメタルっていうと、
アイアン・メイデンのような激しくてヘヴィなバンドをイメージしますよね。
そうしたバンドよりは初期のEUROPEはずーっと聞きやすいのでしょうか?

投稿: マービン&ジョニー | 2008/07/25 10:51

初期のヨーロッパは聴きやすいし、名曲といわれている楽曲も存在しますよ。
『Seven Doors Hotel』はもちろんのこと『Stormwind』『Open Your Heart』『Scream Of Anger』など目白押しです。
キーボードを盛り込んだメロディアスなハードロックですね。
まさに北欧様式美ここに有りって感じです。

投稿: つっか | 2008/07/25 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/13485442

この記事へのトラックバック一覧です: EUROPE/Secret Society:

« Harem Scarem/Human Nature | トップページ | 木村カエラ/Scratch »