« Fair Warning/Brother's Keeper | トップページ | WIG WAM/WIG WAMANIA »

Motley Crue/New Tattoo

New_tattow_1
アーティスト名 Motley Crue
アルバムタイトル名 New Tattoo
勝手な評価(最高 100) 80
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★☆☆
発売日 2000/07/07
短評 衰え隠せず
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①Hell On High Heels】 8.3
【②Treat Me Like The Dog I Am】 8.2
【③New Tattoo】 7.9
【④Dragstrip Superstar】 8.4
【⑤1st Band On The Moon】 8.0
【⑥She Needs Rock 'n' Roll】 7.9
【⑦Punched In The Teeth By Love】 8.1
【⑧Hollywood Ending】 8.0
【⑨Fake】 7.9
【⑩Porno Star】 8.1
【⑪White Punks On Dope】 7.8
【⑫1st Band On The Moon (demo)】 (デモ)
【⑬Porno Star (demo)】 (デモ)

ヘヴイ度    ♪♪♪
スピード度   ♪♪♪
ドラマチック度 ♪♪♪
メロディアス度 ♪♪♪
ポップ度    ♪♪♪


いい加減なコメント

華麗なる原点回帰?!

バンドの顔であったヴィンス・ニールが復帰しての第一作『ジェネレーション・スワイン』は全くモトリーらしからぬ、迷走している中途半端なロックアルバムだった。
いや、あれをロックと呼ぶにはおこがましいレベルの作品であったと言えよう。

バンド内でのいざこざでニッキーと並ぶ人気を博していたドラマーのトミー・リーが脱退するといった衝撃的なこともあったが、モトリーは自分たちが今まで築き上げてきたロックという土台に再び戻る為には、痛みを伴う改革だったのかも知れない。
テクノやダンスミュージックに傾倒しすぎていたトミーはバンドにとってもはや足枷にしかすぎなかった。
トミーの代役にはランディ・カスティロを迎え、プロデューサーにはマイク・クリンクを起用して望んだ、今作『ニュー・タトゥー』は往年のモトリーファンが泣いて喜ぶような路線に軌道修正されていた。

オープニングトラックの①でいきなりモトリー節全開で幕を開けると、アルバム中盤あたりでは初期のモトリーを彷彿をさせられる。『シャウト・アット・ザ・デヴィル』と『ドクター・フィールグッド』を足して2で割った作品と言われて納得するのも確かだ。

しかし、一瞬はあの黄金期のモトリーサウンドの復活かと喜んだのもつかの間。
冷静に本作品を振り返ってみると、音楽性そのものは彼らがやってきた音楽の安い焼き直しにすぎないことがわかってくる。
とにかく楽曲が安っぽいのだ。
バラード曲③⑧もありきたりの平凡なもの。
これといったキラーチューンがないのが欠点だ。

メンバー自身もそのことを認識しているのか、『ニュータトゥーツアー』と銘打ったにも関わらず、来日公演を行なったときに披露したアルバムからの楽曲は少なかった。
もう6年前にもなるのでうろ覚えで申し訳ないのだが、ニュータトゥーからは①や③を演奏しただけで(他にもあったかもしれないが)、他は往年のヒット曲ばかり演奏していた記憶がある。

モトリーの未来への明確的なヴィジョンが見えなく、先行き不安になるアルバムでもあり、反対にスコットハンフリーの呪縛から逃れられたことによる安堵感、安心感に包まれるアルバムであることも事実。

ファンをやきもきさせてくれる、彼らの十八番がまた炸裂した作品だ。

-23/Sep/2006-

|

« Fair Warning/Brother's Keeper | トップページ | WIG WAM/WIG WAMANIA »

「HM/HR」カテゴリの記事

「アーティスト・ま行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/12008835

この記事へのトラックバック一覧です: Motley Crue/New Tattoo:

« Fair Warning/Brother's Keeper | トップページ | WIG WAM/WIG WAMANIA »