« ASIAN KUNG-FU GENERATION/ファンクラブ | トップページ | 木村カエラ/Circle »

NELSON/Becase They Can

because_they_can
アーティスト名 NELSON
アルバムタイトル名 Because They Can
勝手な評価(最高 100) 85
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★★☆
発売日 1995/06/21
短評 反発あり
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①(You Got Me) All Shook Up】 8.3
【②The Greate Escape】 8.3
【③Five O'clock Plane】 8.4
【④Cross My Broken Heart】 8.1
【⑤Peace On Earth】 8.4
【⑥Remi】 (インスト)
【⑦Won't Walk Away】 9.0
【⑧Only A Moment Away】 8.0
【⑨Joshua Is With Me Now】 (インスト)
【⑩Love Me Today】 8.1
【⑪Be Still】 8.0
【⑫Right Before Your Eyes】 8.3
【⑬Nobody Wins In The End】 8.7
【⑭After The Rain (Version '95)】 (ボーナストラック)
【⑮Nothing's Good Enough For You (Demo Version)】 (ボーナストラック)

ヘヴイ度    ♪♪
スピード度   ♪♪
ドラマチック度 ♪♪♪
メロディアス度 ♪♪♪♪
ポップ度    ♪♪♪♪


いい加減なコメント

形式上ではネルソンのセカンドアルバムとなっている。
実質、本当のセカンドアルバムは『イマジネイター』なのだ。
しかしデビューアルバムとなった『アフター・ザ・レイン』と比べてみると、明らかにがらりと変化したその作品を市場では受け入れられないだろうというプロダクションの判断から、お蔵入りにされてその代役にこの『ビコーズ・ゼイ・キャン』が新たに作成された。

その今作だが、これもデビューアルバムと比べてみると違いが明確にわかるのだが、先にあげた『イマジネイター』との決定的な違いほどは無い。
ハードロック的な要素が極めて薄れた以外は期待通りのネルソンの音楽に仕上がっている。

特徴はアコースティックギターを前面に押し出した爽やかロック。
アルバム全曲がこれだ。
メリハリがなく、単調になりがちになるといった恐れもあるが、曲自体が良いせいでもあるのか、微塵もそんなことを感じさせないこのアルバムは凄いのではないだろうか。

①から⑤までさらりと軽快な心地よい音を届けてくれて、インストの⑥から重厚なハーモニーを奏でる劇的な展開のポップソング⑦が始まる。
これがアルバムの中でも極端に突出している素晴らしい出来の曲。
裏を返せばこの曲だけが他の曲にくらべて浮いてしまっている。
これをあえてアルバムに収録させた意図はなんなんだろう。
しかしこれが中盤にあるということで、うまくアクセントがつき、アルバムが一本調子にならなかったことに一役買っていることは事実。
本当に美しい楽曲だ。
ここから始まるアルバム後半も、美しいアコギの調べによって奏でられる透明感溢れる楽曲が次々と登場してくる。
ラストトラックの⑬はクイーンぽくて◎。
アルバムを引き締めるには十分すぎるほどのクオリティで存在感が大きい。

仕事がてらに後ろでBGMとして流すにはもってこいの作品と評されていてもおかしくはない。
ただ、聞き流すにはあまりにももったいなさすぎる。

音楽性自体は軽いのかもしれないが、改めてじっくり聴いてみると、味わい深く奥行きのある作品だと認識させられた。

-26/Mar/2006-

|

« ASIAN KUNG-FU GENERATION/ファンクラブ | トップページ | 木村カエラ/Circle »

「HM/HR」カテゴリの記事

「アーティスト・な行」カテゴリの記事

コメント

これとイマジネイターは僕も聴きました。

ネルソンって「アフター・ザ・レイン」だとか「ビコーズ・ゼイ・キャン」といったアルバムに代表されるセレブ&ロマンティックな爽快ポップメタルというイメージが強いのですよね。
ポイズンのような派手さもないが、ナイト・レンジャーのようなワイルドさもないそんなものですが....

あとネルソンってジャンル分けするとHR/HMになるが、
ギンギンにならないところが特徴ですね。
あんなに”ハードロック色が強い”とか言われた「イマジネイター」にしてもギンギンにはなっていないですよね。

ネルソンのアルバムってギンギンのものがないのですねぇ。

投稿: マービン&ジョニー | 2008/08/06 14:03

甘い声だとやはりポップな楽曲のがあってますからね。無理にヘヴィさを全面に押し出してもネルソンの魅力を半減してしまいかねませんので、やはりあの作風で良いのではないでしょうか。
なんだかんだ言ってネルソン大好きです。

投稿: つっか | 2008/08/06 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/9267210

この記事へのトラックバック一覧です: NELSON/Becase They Can:

« ASIAN KUNG-FU GENERATION/ファンクラブ | トップページ | 木村カエラ/Circle »