« GUNS N' ROSES/Use Your Illusion II | トップページ | JUDY AND MARY/The Power Source »

SLAUGHTER/Stick It To Ya

stick_it_to_ya
アーティスト名 SLAUGHTER
アルバムタイトル名 Stick It To Ya
勝手な評価(最高 100) 83
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★★☆
発売日 1990/05/11
短評 初戦から
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①Eye To Eye】 8.0
【②Burnin' Bridges】 8.2
【③Up All Night】 8.5
【④Spend My Life】 8.1
【⑤Thinking Of June】 (イントロ)
【⑥She Wants More】 8.0
【⑦Fly To The Angels】 8.7
【⑧Mad About You】 8.0
【⑨That's Not Enough】 7.8
【⑩You Are The One】 8.0
【⑪Gave Me Your Hart】 8.4
【⑫Desperately】 8.2
【⑬Loded Gun】 8.3
【⑭Fly To The Angels】 (アコースティックバージョン)
【⑮Wingin' It】 7.0

ヘヴイ度    ♪♪
スピード度   ♪♪♪
ドラマチック度 ♪♪♪
メロディアス度 ♪♪♪
ポップ度    ♪♪♪


いい加減なコメント

マークスローター率いるスローターのデビューアルバム。

HM/HRにおいて大きな転換期となる90年代の初頭に、この新人バンドは産声をあげ、ハードロックシーンに華々しいデビューを飾った。
特にシングルとなったバラード曲⑦のスマッシュヒットのおかげで一躍注目を浴び、その名を轟かせる事に成功する。

このアルバムを一言でまとめるのならば、【ハードロックの優等生アルバム】と言ったところか。
新人とは思わせない曲構成の素晴らしさと、落ち着いたプレイスタイルはもはや円熟味を醸し出し、聴き手側はずっしり構えながらスローターの作り出す音楽を堪能できる作品となっている。
オーソドックスな古くさいロックとも言えなくないが、正攻法でグイグイ押してくるこのアルバムには好感が持てる。

しかし、13曲は多過ぎたのではないか。
これが正直な感想である。
1曲1曲のクオリティは高いのだが、同じ手法で続けてこられると飽きてくることもある。
手を変え品を変え違ったアプローチを仕掛けてくる楽曲を、アクセントの意味を込め1曲でもどこかに埋め込めば違った印象にもなっただろうと思うのだが・・・どうだろうか。
確かにアカペラを用いた⑮があるのだが、インパクトに欠けるし、おまけみたいな存在でしかない。

難癖をつけようとこのアルバムが優秀なことには変わりなく、注目する楽曲がいくつか存在する。
力強いロックソングの③は⑦と双璧を成してこのアルバムを形成している重要な楽曲である。
サビのわかりやすさもあるのだが、それでも良く練られた曲構成の良さもあり聴き逃せない絶品の曲に仕上がっている。

その他にも⑪⑫⑬といった楽曲など随所で光るものがある。

新鮮さはないが、親近感はある。
面白みが少ないが、充実度は大きい。
そんな一枚であることは確かだ。

-22/Jan/2006-

|

« GUNS N' ROSES/Use Your Illusion II | トップページ | JUDY AND MARY/The Power Source »

「HM/HR」カテゴリの記事

「アーティスト・さ行」カテゴリの記事

コメント

このスローターですが、①~④と⑦の5曲を聴いた事がありますが、さすがヴィニー・ヴィンセント・インヴェイジョン在籍時に確立したマーク・スローターのスタイルが真なる意味で見事に開花したわけですね。

ヴォーカルを中心としたメロディアスなハードロックは、ギター・リフや強烈なリズムばかりが目立つコッテリなLAメタルの中では異色ですね。

当時同じLAメタル系で、デビューが重なる上に同じポップである事から、ポイズンやウォレントと一緒くだにされた感がありましたね。(さすが御三家とまでは行かなくても....)      

またスローターは、ポップでメロディアスだったにしろ、あまり「産業ロック」および「メロディアス・ハード」とは呼ばれなかったらしいですね。

いわゆる「ポップ・メタル」でもボンジョヴィやナイト・レンジャー、ハートとは異なるのですかねぇ。

要するに同じポップでもポイズンやウォレントと一緒なのですかねぇ。

と言えばポイズンもウォレントも「産業ロック」とは呼ばれないですしね。


って、思うわけです。


ちなみにスローターもポイズンもウォレントも
自分は大好きです。
ただその中でスローターはアルバム一つも持っておらずですが....


投稿: クレヨンしんちゃん | 2010/05/20 14:08

クレヨンしんちゃんさん、コメントありがとうございます。

たしかにスローターは中途半端なイメージを想像してしまいますよね。自分的には当時のウインガーに近いかなって勝手に思っております。

スローターだけアルバムを持っていないですって?もったいないですよ。このファーストアルバムは必需品ですよ。
ちなみに僕はそれ以外に『Fear No Evil』 『Back To Reality』 『Revolution』それとライヴアルバムを所持していますが、やはり『欲望のターゲット』が一番聴くアルバムですね。

投稿: つっか | 2010/05/20 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/8284751

この記事へのトラックバック一覧です: SLAUGHTER/Stick It To Ya:

« GUNS N' ROSES/Use Your Illusion II | トップページ | JUDY AND MARY/The Power Source »