« SLAUGHTER/Stick It To Ya | トップページ | JUDY AND MARY/POP LIFE »

JUDY AND MARY/The Power Source

the_power_source
アーティスト名 JUDY AND MARY
アルバムタイトル名 The Power Source
勝手な評価(最高 100) 85
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★★☆
発売日 1997/03/28
短評 充実一途
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①BIRTHDAY SONG】 8.3
【②ラブリーベイベー】 8.0
【③そばかす】 8.2
【④KISSの温度】 7.9
【⑤Happy?】 8.1
【⑥Pinky loves him】 7.5
【⑦くじら12号】 8.8
【⑧クラシック】 8.8
【⑨風に吹かれて】 8.2
【⑩The Great Escape】 8.0

ヘヴイ度    ♪♪
スピード度   ♪♪
ドラマチック度 ♪♪♪
メロディアス度 ♪♪♪
ポップ度    ♪♪♪♪


いい加減なコメント

バンドにとってヴォーカリストは花形である。
くせのある歌い方、声に特徴があるヴォーカリストが在籍するバンドというのは、聴き慣れない新曲を発表してもリスナーはすぐさま『これは○○のバンドだ』と理解できるからだ。
これはバンドにとってはものすごい有利でもあり、ヴォーカリスト脱退などシチュエーションが違えば致命的な欠点にもなりかねない。
こういったバンドは実は結構少ないもので、ヴォーカルにYUKIを擁していたジュディアンドマリーは希少価値の高いバンドであったとも言える。

5年前に電撃解散したジュディアンドマリーだが、脂が乗り切った時期に作成されたアルバムがこの『The Power Source』、直訳すると『電源』だ。

そのタイトルどおりに、聴けばこちらがエネルギーすなわち元気がもらえそうな全10曲が揃えてある。
売れに売れた先行シングル曲の③⑦⑧を筆頭に、シングルカットされたイケイケ感のある②、柔らかい表現力が溢れる④、ロックしている⑤、メロウな⑥などこれでもかというぐらいバラエティ豊かに構成されており、当時のジュディマリの勢いが感じられる。

確実に力をつけてきた彼らが満を持して発表したこのアルバムは、作詞においては全面的にYUKIが主導権を握っているが、作曲に関してはTAKUYAが6曲、恩田快人が4曲と二人の個性がうまく交わった優れたバランス感覚がアルバムに反映されている。
そこがジュディマリの最大のセールスポイントであり、それによってYUKIのクラクラとしてしまう甘い声の魅力が余すところなく発揮できるのである。

その後、日本の音楽シーンにはジュディマリに影響されたいくつかの亜流が生み出されてきたが、当然ながらジュディマリまで達するレベルなどはなく、それを越えるのはジュディマリ自身でしかない。

ジュディマリの最高作品は?
『Miracle Driving』?
『Pop Life』?
いいや、違う。
この『The Power Source』だ。

-29/Jan/2006-

|

« SLAUGHTER/Stick It To Ya | トップページ | JUDY AND MARY/POP LIFE »

「J-POP」カテゴリの記事

「アーティスト・さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/8397453

この記事へのトラックバック一覧です: JUDY AND MARY/The Power Source:

« SLAUGHTER/Stick It To Ya | トップページ | JUDY AND MARY/POP LIFE »