« Brides Of Destruction/Runaway Brides | トップページ | POISON/Native Tongue »

Firehouse/Firehouse

firehouse
アーティスト名 Firehouse
アルバムタイトル名 Firehouse
勝手な評価(最高 100) 88
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★★☆
発売日 1991/04/21
短評 素質侮ず
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①Rock On The Radio】 7.9
【②All She Wrote】 8.9
【③Shake & Tumble】 7.9
【④Don't Treat Me Bad】 8.9
【⑤Oughta Be A Law】 7.9
【⑥Lover's Lane】 8.5
【⑦Home Is Where The Heart Is】 8.1
【⑧Don't Walk Away】 7.9
【⑨Seasons Of Change】 (インスト)
【⑩Overnight Sensation】 9.2
【⑪Love Of A Lifetime】 8.5
【⑫Helpless】 8.5


ヘヴイ度    ♪♪
スピード度   ♪♪♪
ドラマチック度 ♪♪♪
メロディアス度 ♪♪♪♪
ポップ度    ♪♪♪♪


いい加減なコメント

これぞ正統派のハードロックだ。

今からさかのぼること14年。
80年代のロック界を走ってきたボンジョヴィ、モトリークルー、ラット、ドッケンの後を受けてロックシーンに新たに台頭してくるバンドが後を絶たなかった。
偉大なる先輩バンドを見習うべく多くのフォロワーたちが産み落とされてきたが、所詮は他人の二番煎じ。
耳が肥えてきたリスナー達には飽きられる事が早く、当然音楽シーンからそれらのバントたちは淘汰されていく定めになっていく。

そんな中で、きらりと光る個性を放っていたのがこのファイアーハウスだ。
ジョンボンジョヴィに見出されたこのバンドは本作でセンセーショナルなデビューをする。
新人離れした実力をもつファイアーハウスは、卓越した楽曲センスを惜しげも無く披露し、もはやデビュー作とは言えない領域まできている。
大抵のバンドならば油が乗り切った時期に発表する、例えばサードアルバムや4thアルバムぐらいとでも言えばいいのだろうか、そんな時のアルバムと同等の風格すら漂っているのだ。

本作を名盤と言ってもそれは過言ではないはずだ。
そして何をもって名盤といえるのか、それはアルバムに収められている超強力な三つの楽曲ではないだろうか。

まず②。
ラットのラウンドアンドラウンドを彷彿とさせるギターリフが印象的な曲だが、オーソドックスなハードロックで勝負する姿勢や、一度聴いたら耳から離れないサビのメロディーが凄い。
このわかりやすくて、なおかつカッコいい曲というのは口で言うほど簡単には作れない。
二曲目にこの曲を持ってくるというのが心憎い演出で、このアルバムの顔ともいうべき代表的な曲になっている。

次に④。
シングルカットされたこの曲は瞬く間にヒットし、ファイアーハウスを名を一躍広めさせたことに貢献している。
軽快なリズムとキャッチーすぎるサビはハードロック畑に限らず、他の音楽畑のリスナーたちにも受け入れられるほどの人気曲になった。

三つ目は⑩。
⑨の叙情豊かなインストから⑩に流れてくる構成は見事で、まさに静から動へといった感じになって程よいコントラストになっている。
たたみかけるような鋭いメロディー。
吠えるC.J.スネアのハイトーンボイスが重なって、気分は最高潮に盛り上がる。
アルバム終盤を引き締める役割を担っている。

この他にも大ヒット作のバラード⑪など、目をみはる楽曲が並んでいるこの作品はハードロックの宝箱とでも言えばいいのか。
後生に残したい素晴らしいアルバムだ。

-05/Nov/2005-

|

« Brides Of Destruction/Runaway Brides | トップページ | POISON/Native Tongue »

「HM/HR」カテゴリの記事

「アーティスト・は行」カテゴリの記事

コメント

ファイアーハウスですかぁ。

50年代後半から80年代のROCK&POPS(メタルやパンク、ディスコ等も含む)を聴いているおいらにとっては
ダム・ヤンキース同様の
とっても馴染みやすーい90年代HRですね。

わりかしハードロックでありながらも
ギンギンでないのが、もっと聴きやすい事。
ファイアーハウスのアルバムは
このファースト=アルバム以外も
全てギンギンでなく聴きやすいでしょうか?
まだファースト以外聴いていないので、教えてください。

投稿: TWISTEDWASP | 2008/07/23 10:51

FIREHOUSEはファーストアルバムに限らず他に出したアルバムでも満足していただけると思いますよ。
特にセカンドアルバム『Hold Your Fire』なんかは、ファーストアルバムの路線そのまんまですから。
その後のアルバムはだんだん大人しめのハードロックになってきていますね。
まあ結論を言いますと、全てのアルバムに関してギンギンではないですね。
やっぱFIREHOUSE良いですよ。

投稿: つっか | 2008/07/23 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/6908470

この記事へのトラックバック一覧です: Firehouse/Firehouse:

« Brides Of Destruction/Runaway Brides | トップページ | POISON/Native Tongue »