« HEART/Brigade | トップページ | THE DARKNESS/One Way Ticket To Hell ...And Back »

Dream Theater/Images And Words

images_and_words
アーティスト名 DREAM THEATER
アルバムタイトル名 Images And Words
勝手な評価(最高 100) 95
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★★★
発売日 1992/08/10
短評 2着探し
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①Pull Me Under】 8.6
【②Another Day】 8.6
【③Take The Time】 9.4
【④Surrounded】 8.2
【⑤Metropolis-Part I】 9.3
【⑥Under A Glass Moon】 8.9
【⑦Wait For Sleep】 8.0
【⑧Learning To Live】 9.0

ヘヴイ度    ♪♪♪
スピード度   ♪♪♪
ドラマチック度 ♪♪♪♪
メロディアス度 ♪♪♪
ポップ度    ♪♪


いい加減なコメント

これほど、聴けば聴くほどのめり込めるアルバムは滅多にない。

ご存知、ドリームシアターの出世作となったこの『イメージズ・アンド・ワーズ』は2作目にあたる。
前作がデビューアルバムになるわけだが、そのときのヴォーカリストは今活躍しているジェイムズラブリエではなく、チャーリードミニシであった。
別にドミニシを否定するわけではないが、前任者よりもラブリエの方のが、このバンドには適合しているのではないだろうか。

さて、アルバム収録曲が全8曲と一見すれば少なめに映るが、実際の楽曲の大半が7分以上の大曲で構成されており、長丁場だ。
しかし、それらは壮大なドラマのようであり、聴いているリスナーを全く飽きさせない。
ここにドリームシアターの素晴らしさがあるのであろう。

プログレとヘヴイメタルの融合とでも言えばいいのか、今まで未知なるものだったこのような音楽が幅広く世間に認知されたのも、このアルバムの功績であると思っている。
そしてこのアルバムの醍醐味といえば、卓越したプレイだろう。
ジョンペトルーシ(g)、ジョンミュング(b)、マイクポートノイ(ds)、ケヴィンムーア(Key)と音楽エリート学校出身の彼らによる、このセッションは楽器の知識を持ち合わせていないリスナーをも惹き付ける魅力を兼ね備えている。

圧巻なのは③⑤⑧。
攻撃的なプレイの連続には、もはやため息すらでないほどの、息をもつかせぬ神業で魅せてくれる。
まるでジェットコースターにでも乗っているかのような、目まぐるしく変わる曲構成には感動すら覚える。
ヘヴイな①⑥も負けず劣らず聴きごたえがたっぷりだ。
そんな中で比較的ソフトな楽曲の②④⑦が映えてくる点も見逃せない。

まず、演奏ありきのこのバンド。
ヴォーカルの印象がやや薄れてしまっているのはさすがに仕方がないであろう。


迫りくる楽曲の変化の波。
あなたはこれに耐えられるのでしょうか。
複雑そうでも、聴けば聴くほど新しい発見をみつけ、リスナーのイメージを無限大に膨らませるこのアルバムはまさに最高峰の作品だ。

-27/Nov/2005-

|

« HEART/Brigade | トップページ | THE DARKNESS/One Way Ticket To Hell ...And Back »

「HM/HR」カテゴリの記事

「アーティスト・た行」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

私のサイトでもこの『Images And Words』を取り上げましたのでTB&文中リンクさせていただきました。

一度バンドでやったことがあるのですが、強烈な難しさでへこたれそうになった覚えがあります。それから変拍子にも犯されました。

大好きなアルバムです。

投稿: ムーン | 2005/11/28 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/7342378

この記事へのトラックバック一覧です: Dream Theater/Images And Words:

» ドリーム・シアター [ACTIV-A 音楽による脳活性化計画など]
DREAM THEATER 『IMAGES AND WORDS』 かれこれ10年以上前ハードロック/ヘビーメタル好きだった私の心を鷲づかみにしたディスクがこれ。芸術性の非常に高い、プログレッシヴ・メタルの大名盤。 [続きを読む]

受信: 2005/11/28 21:16

« HEART/Brigade | トップページ | THE DARKNESS/One Way Ticket To Hell ...And Back »