« Dizzy Mizz Lizzy/Dizzy Mizz Lizzy | トップページ | Nelson/After The Rain »

Vince Neil/Carved In Stone

carved_in_stone
アーティスト名 Vince Neil
アルバムタイトル名 Carved In Stone
勝手な評価(最高 100) 69
お勧め度(最高 ★x5個) ★★☆☆☆
発売日 1995/09/10
短評 変わり身注意
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①Breakin' In The Gun】 7.0
【②The Crawl】 7.5
【③One Way】 6.9
【④Black Promises】 7.9
【⑤Writing On The Wall】 6.8
【⑥Makes Us Feel】 7.7
【⑦One Less Mouth To Feed】 7.0
【⑧Find A Dream】 7.0
【⑨Lust For Life】 (カヴァー曲)
【⑩The Rift】 7.0
【⑪Skylar's Song】 7.8
【⑫25 Or To 4】 (カヴァー曲)

ヘヴイ度    ♪♪
スピード度   ♪♪
ドラマチック度 ♪
メロディアス度 ♪
ポップ度    ♪♪

いい加減なコメント

『衝撃』を受けたアルバムだった。

当時、モトリークルーをクビになっていたヴィンスニールのソロアルバムの第二弾である。
華々しく再出発を果たした素晴らしいファーストアルバム『エクスポーズド』とはうって変わって気怠さ感を全面に押し出したダークな作品に仕上がっていた。
このときの時代背景を考察してみると、こういった方向に流れて行ってしまうことは致しかたないのか。
他のアーティストもこぞって音楽性を変えた時もあって正直『ヴィンスよ、お前もか』と思ってしまった。

①の始まり方から嫌な予感を察知した。
けたたましく鳴り始めるサイレン音が急にしおれてくるSEを聴き終え間髪入れずラップ調のメロディ。
これがあのヴィンスなのか、驚かざるえない。
次から次へ流れてくる楽曲は、ファーストアルバムとは正反対に位置するまさに『負』のイメージ。
ゆっくり、ねっとりとした音質が絶望への入り口へと誘われてゆく。

やはり脱退したスティーヴスティーヴンスのダメージがこのアルバムにのしかかってきている。
前作のメロディの生命線を握っていたのはスティーヴだったことがはっきりとわかった。
この手の音楽はモトリーのドラマー、トミーリーが後年目指していた方向性と一致するのではないだろうか。
なんとも皮肉なものだ。

そして⑪で、いきなりこれらのアルバムに相応しくない曲が登場する。
ヴィンスの実の娘への永遠の別れを歌ったスカイラーズソングだ。
幼くして亡くしてしまった最愛の娘への想いが溢れ出てくる、悲しいラヴソングである。

ロック然としていて聴きごたえのある楽曲が、なんとシカゴのカヴァー曲⑫の『長い夜』だけだったというのが今回の最大の驚きだった。

こんなことをするためにロックスターをやってきたわけじゃないだろ、ヴィンス。

-28/Aug/2005-

|

« Dizzy Mizz Lizzy/Dizzy Mizz Lizzy | トップページ | Nelson/After The Rain »

「HM/HR」カテゴリの記事

「アーティスト・は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/5670825

この記事へのトラックバック一覧です: Vince Neil/Carved In Stone:

« Dizzy Mizz Lizzy/Dizzy Mizz Lizzy | トップページ | Nelson/After The Rain »