« Pretty Maids/SIN-DECADE | トップページ | SLASH'S SNAKEPIT/Ain't Life Grand »

SKID ROW/Subhuman Race

sub_human_race
アーティスト名 SKID ROW
アルバムタイトル名 Subhuman Race
勝手な評価(最高 100) 75
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★☆☆
発売日 1995/03/28
短評 地力ある
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①My Enemy】 8.1
【②Firesign】 8.0
【③Bonehead】 7.5
【④Beat Yourself Blind】 8.6
【⑤Eileen】 7.7
【⑥Remains To Be Seen】 7.4
【⑦Subhuman Race】 7.4
【⑧Frozen】 7.9
【⑨Into Another】 8.0
【⑩Face Against My Soul】 8.4
【⑪Medicine Jar】 8.4
【⑫Breakin' Down】 7.9
【⑪Iron Will】 6.9

ヘヴイ度    ♪♪♪♪
スピード度   ♪♪♪
ドラマチック度 ♪♪
メロディアス度 ♪♪
ポップ度    ♪♪

いい加減なコメント

行き着くところまで来てしまった感じのあるアルバム。

ファーストアルバムで見せた繊細でメロディアスなハードロック、セカンドアルバムにおいては強靭なヘヴィメタルサウンドを我々の前に突きつけてくれた。

サードアルバムとなる今作ではどんなアプローチで楽しませてくれるのだろうか。
その答えがこれか。

『重い』

この一言につきる。
スキッドロウの魅力である、ヘヴィさと繊細さのバランスの良さがこのアルバムで崩れた。
完全にベクトルはゆったりとした重厚な縦ノリのヘヴィサウンドへと指していた。

これはこれでいいのだと思うが、今となっては変化しすぎた。
また、その必要性があったのか。
劇的な展開の楽曲が皆無で、全ての楽曲が『負』といったイメージ背負っているかのように見える。
冷静に見ても、楽曲のクオリティさが今ひとつ足りない。
中途半端な曲が多すぎた。

もう一度問う。
メンバー自身はこの方向性で本当に良かったのだろうか。
この数年後のバズの脱退とともにバンドは勢いを失っていくが、その凋落の始まりは明らかにこのアルバムからだったと思われる。


さて、『サブヒューマンレース』の見所は何と言ってもバズの歌唱力だろう。
①を聴き始めてバズのその強力な歌声に瞠目した。
もともと高音部の伸びのある声は素晴らしいとは思っていたが、このグルーヴ感溢れる歌声はなんとも言い難い感動を覚えた。
まるで自分の声質を弄ぶかのような、余裕がみられるシンガーの実力ぶりがこのアルバムでは発揮されている。
④を聴いてみれば一目瞭然だ。
そういった面がこれらの楽曲によって開花させたのは否定できない。

ライナーノーツには『成長力』という言葉で、このアルバムの変化ぶりをうまくごまかしている。
成長すればなんだっていいのだろうか。

確かにメンバーたちの演奏の成長ぶりは窺える。
ただそれだけだ。

楽曲に対しての親しみ感は『スレイヴ・トゥ・ザ・グラインド』のそれと比べれば遥かに少ない。

-31/Jul/2005-

|

« Pretty Maids/SIN-DECADE | トップページ | SLASH'S SNAKEPIT/Ain't Life Grand »

「HM/HR」カテゴリの記事

「アーティスト・さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/5244030

この記事へのトラックバック一覧です: SKID ROW/Subhuman Race:

« Pretty Maids/SIN-DECADE | トップページ | SLASH'S SNAKEPIT/Ain't Life Grand »