« Motley Crue/DR.FEELGOOD | トップページ | SKID ROW/Subhuman Race »

Pretty Maids/SIN-DECADE

sin-decade
アーティスト名 Pretty Maids
アルバムタイトル名 SIN-DECADE
勝手な評価(最高 100) 84
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★☆☆
発売日 1992/03/36
短評 展開如何
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①Running Out】 8.8
【②Who Said Money】 7.9
【③Nightmare In The Neighbourhood】 7.5
【④Sin-Decade】 8.0
【⑤Come On Tough Come On Nasty】 8.0
【⑥Raise Your Flag】 8.0
【⑦Credit Card Lover】 7.9
【⑧Know It Ain't Easy】 7.9
【⑨Healing Touch】 7.9
【⑩In The Flesh】 8.0
【⑪Please Don't Leave Me】 (カヴァー曲)

ヘヴイ度    ♪♪♪♪
スピード度   ♪♪♪♪
ドラマチック度 ♪♪
メロディアス度 ♪♪♪
ポップ度    ♪♪

いい加減なコメント

北欧の地、デンマークが生み出したロックの使者プリティメイズ。

どんな困難に陥ろうとも、決して自分たちの信念を貫き通す強い意志がこのアルバムには感じられる。
事実、このときのプリティメイズはアメリカのレコード会社に真剣にサポートを受けられなかったと聞く。
見果てぬアメリカでの野望が潰え、失意の中でアルバムにとりかかった。

しかしそんなネガティヴな要素を微塵も感じさせない、この強靭なロックの叫び。
その意思は疾走感溢れる①の冒頭の歌詞にも如実に現れている。

Don't need no one to tell me what to do
I won't let anybody see me through
won't let them blind my version
no one to interrupt my point of view
no way

そうだ、それでこそプリティメイズなのだ。

アルバム収録曲中、ほとんどがヘヴィなチューンで占められている。
誰かに媚びて音楽を作っているわけじゃない。

このストレートなロックを表現している『シンディケード』に好感が持てる。
ケンハマーが伸び伸びとギターを奏で、ロニーアトキンスのドスの効いた歌声でファンを魅了している。
そして所々にスパイスのきいたポップさが顔を出し、ヘヴィではあるが、それ一辺倒に陥らない。
小気味いい爽快感が得られる。


プリティメイズは走り出す。
そう、走り出しているのだ。


ちなみに⑪は言わずと知れたジョンサイクスとフィルリノットが共作した名曲のカヴァー。
オリジナルに忠実に、そして透明感や哀愁感を少しも損なわずにしっかりとカヴァーしている。
それでいてプリティメイズのオリジナルのように感じさせてしまう職人技は、もはやカヴァー名人の域に達していると言っても過言ではあるまい。

現在このアルバムは日本において廃盤扱いになっている。
こういった名盤が歴史の中に埋もれていくのは実に惜しい。

-23/Jul/2005-

|

« Motley Crue/DR.FEELGOOD | トップページ | SKID ROW/Subhuman Race »

「HM/HR」カテゴリの記事

「アーティスト・は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/5115175

この記事へのトラックバック一覧です: Pretty Maids/SIN-DECADE:

« Motley Crue/DR.FEELGOOD | トップページ | SKID ROW/Subhuman Race »