« Dream Theater/Octavarium | トップページ | DOKKEN/Back For The Attack »

THUNDER/Behind Closed Doors

behind_closed_doors
アーティスト名 THUNDER
アルバムタイトル名 Behind Closed Doors
勝手な評価(最高 100) 89
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★★☆
発売日 1995/01/25
短評 好調持続
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①Moth To The Flame】 8.0
【②Fly On The Wall】 8.2
【③I'll Be Waiting】 8.8
【④River Of Pain】 8.7
【⑤Future Train】 8.7
【⑥'Til The River Runs Dry】 8.3
【⑦Stand Up】 8.0
【⑧Precing From Chair】 8.8
【⑨Castles In The Sand】 9.0
【⑩Too Scared To Live】 7.5
【⑪Ball And Chain】 7.8
【⑫It Happend In This Town】 9.2
【⑬Low Life In High Places】 (ライブ)

ヘヴイ度    ♪♪
スピード度   ♪♪♪
ドラマチック度 ♪♪♪
メロディアス度 ♪♪♪
ポップ度    ♪♪♪

いい加減なコメント

ブリティッシュロックをとことん極める。
その完成形がサンダーというバンドであり、このアルバム『ビハインド・クローズド・ドアーズ』なのである。

本作品の前作にあたる『ジャッジメントデイ』から2年半の月日が過ぎ、ようやく発表されたこのアルバムまでの道のりは決して平坦なものではなかった。

一部プレスにより、バンドの芯でもあるギタリストのルークが、ホワイトスネイクのギタリストとして加入しないかとカヴァーデルに口説かれたことが報道された。
これが発端となり、バンドは内部分裂の危機を迎えたのである。

そういった難題を乗り越えて、メンバー間の連帯感が強靭になった。
それ故にこの作品が駄作になるはずがない。
前作も間違いなく傑作だった。
そして今作はまぎれもなくバンド史上最高の傑作だ。

それではジャッジメントデイとの比較をしてみたい。
前作はいろいろな魅力あるバリエーションに溢れたいた。
しかし、あくまでもそれは偉大な先代たちが築き上げてきたブリティッシュロックの広がりに可能性を見いだし、それに乗る形で楽曲を作り出してきた。
いわばアプリケーション的なものだった。
決してこれに文句をいうつもりなど毛頭ない。
一つのカテゴリに収まるわけではなく、世界で通用していく大きな武器になるからだ。
一般論からして、どうしてもブリティッシュロックにはクセがあると言われている。
聴く人によっては毛嫌いされる要素もある陰湿的なロックを見事に昇華しバランスよくできた『ジャッジメントデイ』はもっと評価されるべき作品だと今でも思っている。

そして『ビハインド・クローズド・ドアーズ』はこのブリティッシュロックのコアな部分にとことんこだわった作品だ。
サンダー=ブリティッシュロックのイメージをガツンと植え付けられた。
とにかく①②③④⑨⑫が良い。
ブリティッシュロックの神髄を味わえる作風だ。
つまり『核』の部分に重点をおいて作品を作り出しているのだ。

また一歩彼らは頂に近づきつつあった。

サンダーの魅力を感じたいなら迷いなく『ビハインド・クローズド・ドアーズ』をお勧めしたい。

-19/Jun/2005-

|

« Dream Theater/Octavarium | トップページ | DOKKEN/Back For The Attack »

「HM/HR」カテゴリの記事

「アーティスト・さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/4619539

この記事へのトラックバック一覧です: THUNDER/Behind Closed Doors:

« Dream Theater/Octavarium | トップページ | DOKKEN/Back For The Attack »