« SHY/Welcome To The Madhouse | トップページ | WHITESNAKE/Restless Heart »

Alice Cooper/Hey Stoopid

hey_stoopid
アーティスト名 Alice Cooper
アルバムタイトル名 Hey Stoopid
勝手な評価(最高 100) 90
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★★☆
発売日 1991/07/02
短評 相手探し
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①Hey Stoopid】 8.6
【②Love's A Loaded Gun】 8.0
【③Snakebite】 8.1
【④Burning Our Bed】 8.4
【⑤Dangerous Tonight】 8.3
【⑥Might As Well Be On Mars】 8.7
【⑦Feed My Frankenstein】 8.5
【⑧Hurricane Years】 8.3
【⑨Little By Little】 8.9
【⑩Die For You】 8.0
【⑪Dirty Dreams】 8.9
【⑫Wind-Up Toy】 8.7
【⑬It Rained All Night】 (ボーナストラック)

ヘヴイ度    ♪♪♪
スピード度   ♪♪♪
ドラマチック度 ♪♪♪
メロディアス度 ♪♪♪
ポップ度    ♪♪♪

いい加減なコメント

90年代のアリス・クーパーを代表する最高傑作。

前作『トラッシュ』で華々しくロックの表舞台に復活したアリス・クーパーが会心の傑作を世に送り出してきた。
このアルバムを一言で言い表すのならば【豪華】という言葉が相応しい。

楽曲の良さもさることながらゲストで参加しているミュージシャンのメンツがこれまた凄い。
以下に簡単にあげる。

①にはスラッシュ、ジョー・サトリアーニ。コーラスにはオジー・オズボーンまでもが参加している。

⑦ではスティーヴ・ヴァイ、ジョー・サトリアーニの師弟コンビに加えて、ベースではモトリー・クルーのニッキー・シックスも参加している。
この曲がアルバム収録曲中、一番個性を放っていたのも見逃せない。

⑧⑪はヴィニー・ムーアがゲスト参加。

⑩においてはモトリー・クルーのミックマーズが参加している。
ちなみにこの曲はニッキーとミックのモトリー・クルーの作曲コンビが作成してアリスに提供している。

前作もキャッチーな印象を持つ楽曲が多々あったが、今作にもそれは言えることである。
ただし決定的に違うところがある。
曲が持つ力強さが違うのだ。
圧倒的に『Hey Stoopid』の作品にはそれがある。

捨て曲が全くなしの渾身の力作。
聴いて損はない。

-04/Jun/2005-

|

« SHY/Welcome To The Madhouse | トップページ | WHITESNAKE/Restless Heart »

「HM/HR」カテゴリの記事

「アーティスト・あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/4405863

この記事へのトラックバック一覧です: Alice Cooper/Hey Stoopid:

« SHY/Welcome To The Madhouse | トップページ | WHITESNAKE/Restless Heart »