« AEROSMITH/PUMP | トップページ | SHY/Welcome To The Madhouse »

HAREM SCAREM/OVERLOAD

overload
アーティスト名 HAREM SCAREM
アルバムタイトル名 OVERLOAD
勝手な評価(最高 100) 80
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★☆☆
発売日 2005/05/21
短評 入着一杯
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①DAGGER】 8.4
【②AFTERGLOW】 8.4
【③RISE & FALL】 7.8
【④DON'T COME EASY】 7.8
【⑤CAN'T LIVE WITH YOU】 8.0
【⑥FORGIVE & FORGET】 8.0
【⑦ALL YOU'RE GETTING】 7.9
【⑧LEADING ME ON】 8.4
【⑨UNDERSTAND YOU】 8.1
【⑩SAME MISTAKE】 8.0
【⑪YOU SHOOKE ME ALL NIGHT LONG】 (ボーナストラック)

ヘヴィ度    ♪♪♪
スピード度   ♪♪♪
ドラマチック度 ♪♪♪
メロディアス度 ♪♪♪
ポップ度    ♪♪♪

いい加減なコメント

ハーレムスキャーレム通算10枚目となる節目のアルバム。
前作から約2年ぶりとなる発売だ。

なんとなくサードアルバム『ヴォイス・オブ・リーズン』と4thアルバム『ビリーヴ』の中間ぐらいの雰囲気を漂わせている。
つまりメロウなダーク色強い楽曲が揃っているということ。
このモヤモヤとした消化不良気味の想いをどこにぶつけたらいいのだろうか。

①から聴き始め、ハーレムスキャーレムらしさの演奏や分厚いコーラスを堪能できるのだが、一曲聴き終えるのと同時に次の曲はこれよりも素晴らしいものがあるのではないかという淡い期待感をついつい思ってしながら最初は聴いていた。
そうしているうちにあっという間に41分間が過ぎて、アルバムは終了。
残ったものは満足感よりも肩透かしを食らった感じのが大きかった。

ボーナストラック⑪はAC/DCのカヴァー曲。
ハリーが物真似しながら歌ったのはブライアン・ジョンソンというより、シンデレラのトム・キーファーに似ていると思った。

今回のアルバムは強力なイチオシ曲がないということに限る。
そのせいで満足感が得られない。
十数回も聴き直したが、結果は同じだった。
贅沢な我侭かもしれないが、ハーレムスキャーレムはこんな程度ではないと思っているからこそ、期待感も大きくなってしまうのだ。

確かに各々の楽曲の出来は水準以上だと思う。
ただそれだけである。
円熟味を増したと言えば聞こえがいいが、裏を返せばいいアルバムであって、それ以下でもそれ以上でもない。

-22/May/2005-

|

« AEROSMITH/PUMP | トップページ | SHY/Welcome To The Madhouse »

「HM/HR」カテゴリの記事

「アーティスト・は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/4238993

この記事へのトラックバック一覧です: HAREM SCAREM/OVERLOAD:

« AEROSMITH/PUMP | トップページ | SHY/Welcome To The Madhouse »