« THUNDER/LAUGHING ON JUDGEMENT DAY | トップページ | VINCE NEIL/EXPOSED »

MOTLEY CRUE/MOTLEY CRUE

motley_crue
アーティスト名 MOTLEY CRUE
アルバムタイトル名 MOTLEY CRUE
勝手な評価(最高 100) 88
お勧め度(最高 ★x5個) ★★★★☆
発売日 1994/03/25
短評 展開如何
各曲評価/(満点10 ただしイントロは除く)

【①power to the music】 7.9
【②uncle jack】 7.5
【③hooligan's holiday】 9.5
【④misunderstood】 8.1
【⑤loveshine】 7.9
【⑥poison apples】 8.6
【⑦hammered】 8.0
【⑧til death do us part】 8.0
【⑨welcome to the numb】 8.0
【⑩smoke the sky】 8.3
【⑪dropping like flies】 5.0
【⑫driftaway】 8.0
【⑬hypnotized】 (ボーナストラック)

いい加減なコメント

モトリークルーの中で一番硬派なアルバム。

ヴォーカルにジョンコラビを迎えての最初で最期のオリジナルアルバム。
前作までのパーティーロック的要素は薄れ、社会性のメッセージが強く、シリアスな内容に仕上がっている。

ヴィンスニールの在籍時とは全く違ったバンドへと変身してしまったことで従来ファンは戸惑った。
後にバンドのブレインであるニッキーシックス(bass)はバンド名をモトリークルーとしてこのアルバムを発表してしまったのは間違いだったと反省している。
事実、ファンの受けは悪かった。
なまじこのアルバムが発売される前に出したヴィンスのソロアルバムが今までのモトリーの音楽性を継承していたせいもあってか、失望の色が強かったのだ。

しかし、今このアルバムを聴いてみると当事見えなかった良さがわかってくる。
③などは最高傑作だ。
モトリーの作品のなかでも5本の指の中に入るのではなかろうか。
⑥⑩はおそらくヴィンスが歌っても違和感がないと思う。
キャッチーな曲も存在するのだ。
そしてトミーリーのドラムが冴えわたる。

モトリーとして発表しなければ評価の高いアルバムとして迎えられたかもしれない。

実にタイミングを誤ってリリースされたアルバム。
不運としか言いようがない。

-20/Apr/2005-

|

« THUNDER/LAUGHING ON JUDGEMENT DAY | トップページ | VINCE NEIL/EXPOSED »

「HM/HR」カテゴリの記事

「アーティスト・ま行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60062/3788368

この記事へのトラックバック一覧です: MOTLEY CRUE/MOTLEY CRUE:

« THUNDER/LAUGHING ON JUDGEMENT DAY | トップページ | VINCE NEIL/EXPOSED »